浜内千波のおうち料理教室

カブと鶏団子のジブジブ煮

 カブは煮崩れしやすいので、皮ごと煮込みます。鶏団子を一口大にする時は、タネを利き腕の反対の手に持ちながら親指と人さし指で輪を作り、輪を狭めてギュッとしぼります。スプーンでそっと鍋に入れましょう。

カブと鶏団子のジブジブ煮
材料(4人分)

カブ・・・2個
ブロッコリー・・・1/2株
鶏ひき肉・・・400グラム
長ネギ・・・1/2本
ごま・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2
こしょう・・・適宜
酒・・・大さじ3
卵・・・1個
水・・・3カップ
しょうゆ・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
かたくり粉・・・大さじ2弱

★1人分281キロカロリー、脂質12.2グラム、塩分1.2グラム

<1>長ネギはみじん切りにする。カブはくし形に切る。ブロッコリーは小房に分ける。かたくり粉は水大さじ3(分量外)で溶いておく。
<2>ボウルに鶏ひき肉、塩、こしょう、酒大さじ1を入れてしっかりこねる。まざったら卵を溶いて加え、こねる。長ネギとごまを加え、さらにこねる。
<3>鍋に水、カブを入れ、ふたをして中火にかける。柔らかくなったらふたを開け、しょうゆ、砂糖、酒大さじ2を加える。(2)を一口大に丸めてスプーンにのせ、静かに鍋に落とし煮込む。
<4>鶏団子に火が通ったら、鍋にブロッコリーを加える。水溶きかたくり粉を加えて煮込む。

炊き込みご飯サラダ仕立て

 大豆水煮を使うとボリュームがアップし、しかもヘルシーな炊き込みご飯になります。大皿に盛り付け豪華に見せましょう。ぽん酢は市販品でも構いませんが、しょうゆ大さじ1と酢大さじ1をまぜれば簡単に作れます。

炊き込みご飯サラダ仕立て

<1>シメジは石突きを取り、食べやすい大きさに切る。ニンジンを板状に5ミリ厚さに何枚か切り、もみじ形の型抜きがあれば、それで飾り用を作る。残りはみじん切り。型抜きがなければ、全てをみじん切りに。
<2>米を洗い炊飯器に入れ、塩、酒を加え2合の目盛りまで水を入れる。(1)と大豆水煮を加えて炊く。
<3>玉ネギは薄くスライスする。三つ葉、サニーレタスは食べやすい大きさに切る。
<4>大きめの器の周囲に(3)を盛り付ける。炊きあがった(2)を盛る。ショウガをみじん切りにして加え、ごまをふり、ぽん酢を回し入れる。食べる時に全体をまぜる。

材料(4人分)

米・・・2合
シメジ・・・2パック
大豆水煮・・・100グラム
ニンジン・・・50グラム
塩・・・大さじ1/2強
酒・・・大さじ2
三つ葉・・・1束
玉ネギ・・・1/2個
ぽん酢・・・大さじ2
ショウガ・・・1かけ
ごま・・・大さじ1
サニーレタス・・・適宜

★1人分232キロカロリー、脂質2.6グラム、塩分2.1グラム

 

 今回ご紹介した「カブと鶏団子ジブジブ煮」は、加賀藩の時代から親しまれている石川県の郷土料理「治部煮」をヒントに考えました。うちのスタッフにも、石川出身の女性がいるんです。治部煮はカモ肉を使いますが、今回はアレンジして鶏団子です。珍しいお料理をおもてなしで披露すれば、会話もぐっと弾みますね。炊き込みご飯は、お茶わんに入れると脇役になってしまいます。それなら、大きめの器に盛ってサラダ仕立てにして、主役にしてしまいましょう。みんなで取り分けるのも楽しみのうち。後片付けもずっと楽になりますよね。