浜内千波のおうち料理教室

鶏肉のハニーマスタード焼き

 保水効果があるはちみつをもみ込むと、鶏肉を軟らかく保てます。時間があれば10分程度置くと、なおいいですね。鶏肉の薄い部分の下に玉ネギを敷いて焼く理由は、火の通りを均一にするため。玉ネギのうま味もお肉に染み込みます。

鶏肉のハニーマスタード焼き
材料(4人分)

鶏胸肉・・・2枚(約500グラム)
塩・・・小さじ1弱(肉の重さの1%)
こしょう・・・適宜
はちみつ・・・大さじ2
粒マスタード・・・大さじ1
玉ネギ・・・1/2個
レタス・・・少々

★1人分286キロカロリー、脂質22.3グラム、塩分1.3グラム

<1>鶏肉にはちみつと塩、こしょうをしっかりもみ込む。
<2>フライパンの片隅に1センチ幅に切った玉ネギを置く。玉ネギの上に、鶏肉の薄い部分をのせる。ふたをして中火で両面をこんがり焼く。
<3>玉ネギを取り出し、粒マスタードを入れからめる。それぞれを盛りつけ、レタスを添える。

キノコたちのマリネ

 キノコは60~70度の温度でゆっくり火を通すと、うま味がぐっと出てきます。キノコはあくが強いですが色の薄いものは、そうでもないんですよ。例えばホワイトマッシュルームやえのきなどは、今回の料理にも代用できます。

新玉ネギのサラダ
材料(4人分)

ブナシメジ・・・1パック
白いブナシメジ・・・1パック
エリンギ・・・1パック
玉ネギ・・・1/2個
オリーブオイル・・・大さじ1
酢・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/3
こしょう・・・適宜
バジルなどのドライハーブ・・・適宜

★1人分99キロカロリー、脂質3.5グラム、塩分1.0グラム

<1>キノコ3種類は食べやすい大きさに切る。玉ネギはスライスする。
<2>フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ネギ、キノコをのせ、ふたをして中火弱で4、5分蒸す。
<3>ふたを取り、酢、塩、こしょう、バジルなど好みのドライハーブを入れ炒め合わせる。

 

 ピクニックが楽しい季節。今月は、お弁当向きの冷めてもおいしいおかず特集です。お弁当は冷めると薄味に感じられます。塩味を少し濃くするのも手ですが、調味料や薬味、香りを加えることで薄味を上手にカバーできることもあるんですよ。今回は粒マスタードや酢、ハーブをふんだんに使い、パンチのある料理にしました。「鶏肉のハニーマスタード焼き」は、はちみつの代わりに砂糖も使えます。その場合、砂糖の量をはちみつの分量の8割程度にすると、同じような甘さになりますよ。