ノーフォンデ主義エステティシャンえりの美活&妊婦生活
ノーファンデ主義エステティシャンえりの美活&子育て生活

Archives

こんだ えり

エステティシャン、炭酸パックインストラクター。ノーファンデ歴は6年。
「10年後も20年後も、今よりもっときれいで輝いていたい」と思っている人をサポートするのが生きがい。
不妊治療の末に無事妊娠。美容のコト、育児のコトを赤裸々に書いていきます。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

娘の成長に涙

こんばんは、エリです。

毎日寝かしつけ時に、授乳をしていた私。
娘もそれが当たり前になって、毎晩おっぱいコール。

断乳をクリスマス辺りにしようと思って、毎晩授乳時に
クリスマスまであと◯◯日。サンタさんが来たらおっぱいおしまいね!
それまでは沢山飲んで良いからね!と言っていました。

...が、夜中の授乳回数が何だか増えてる感じで
乳首が痛く、ひび割れてきてしまったんです。
もちろん我慢できなくもないんですが、痛いのにはかわりなく...

で、思い立ったが吉日
本日断乳を決行致しました。

寝室へ行き、ベッドに寝かすと
やっぱりおっぱいって言ってきたので、おっぱいおしまいだよ!って伝えたら大泣き。
抱っこして、落ち着いたところでまた寝かしたら、おっぱいコールで大泣き。
本当に可哀想になるくらい泣いていました。
もう、おっぱいあげちゃおうかな...
断乳はまたの機会にすればいいよね...って一瞬頭をよぎりましたがぐっと堪えました。

大泣きしている娘をもう一度抱きしめて、二人で泣いて。

おっぱいをずっと飲んでくれて
ここまで大きくなってくれてありがとうって気持ちを伝えて、◯◯ちゃんに弟か妹を作ってあげたいって思ってて、その為にはおっぱいを辞めないといけないんだ、ごめんね。って伝えました。

おっぱいをやめてもお母さんはどこにもいかないし、◯◯ちゃんの事が大好きだから安心してねって。

そしたら泣き止んで、オッケーっていって、抱っこから離れてごろんってしてくれて。
さらにいつまでもメソメソ泣いてる私をヨシヨシしてくれたんです。

数分後、ベッドのど真ん中で大の字に寝る娘の姿をみて、涙が止まりませんでした。

まだまだ赤ちゃんだしなぁなんて思っていましたが
こちらの言っていることが伝わっていて、しかも理解してくれているんだなぁ。
ちゃんと成長してるんだなぁと、とても嬉しくも感じました。

まずは、完全断乳への第一ステップは完了。
夜泣きの度合い、私のおっぱいの張りのメンテナンス、まだまだ息が抜けませんが
こんな状態も今しか味わえないと思って乗り越えたいと思います。
<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿