イベント&アート一覧
伊勢神宮と東海のまつり
おすすめイベント&アート
文政おかげ参り刷物類貼込帖 ~大阪大学大学院文学研究科蔵~ 国宝  古事記  大須観音  宝生院蔵

伊勢神宮と東海のまつり

第62回式年遷宮記念 特別展

 三重県・伊勢市の伊勢神宮は、およそ2000年前の鎮座以来、天皇・公家・武家をはじめ、多くの人々から敬われてきました。江戸時代になると、一生に一度は伊勢に参りたいと願うほどの信仰を集めたのです。

 その伊勢神宮では20年に一度、神殿から神宝まで造り替える「式年遷宮」が行われます。飛鳥時代に始まり1300年間にわたって継承された遷宮は、平成25年に第62回を迎えることとなりました。

 これを機に、長い歴史の中で受け継がれてきた神宝の美術と伝統的な技を紹介するとともに、天皇・将軍の信仰を集め、民衆からも慕われた伊勢神宮の姿をご覧ください。東海地方は伊勢神宮のお膝元として、特に信仰が篤く、江戸時代の「おかげまいり」や、「ええじゃないか」などの民衆運動が起こりました。また、江戸時代に始まる「お鍬祭り」は60年に一度の開催にも関わらず、愛知県では、現在まで受け継がれています。

 「お伊勢さん」の呼び名で親しまれている伊勢神宮信仰について、信仰の歴史だけでなく、生活の中にとけこんだ姿を幅広い視野でお目にかけたいと考えています。   期間中は、講演会ほか関連イベントも開催します。詳しくは 【イベント情報 】 (PC用)をご覧ください。
 

データ伊勢神宮と東海のまつり

  • 開催日時2010年4月17日(土)~5月30日(日)
    9時30分~17時(入場は16時30分まで)
    休館日:4月19・26・27日、5月6・10・17・24・25日
  • 会場名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)
  • 料金一般1,200円(前売・団体1,000円) 高大生800円(前売・団体600円) 小中生400円(前売・団体200円)
  • 問合せ052-853-2655(名古屋市博物館)