オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
宗春スペシャルインタビュー

長澤まさみ

ながさわまさみ/1987年生まれ、静岡県出身。2000年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ受賞。その後、ドラマ・映画・舞台・CMなど多岐に渡って活躍。近年も映画『嘘を愛する女』『50回目のファーストキス』など多数出演し、19年は映画『キングダム』(4/19)『コンフィデンスマンJP』(5/17)の公開が控える。

ホテルの宿泊客になったつもりで
豪華な空間ごと楽しんでもらえたら

 累計350万部を突破する東野圭吾のミステリー小説「マスカレード」シリーズ第一作「マスカレード・ホテル」が、待望の実写映画化!1月18日(金)より公開を迎えます。本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事と、彼の教育係に任命された優秀なホテルマンが異色のバディを組み、難事件に挑む物語。今回、一流ホテルマン・山岸尚美を演じた長澤まさみさんにお話を伺いました。

一流ホテルマンの役を演じる上で意識したことをお聞かせください。

-一流ホテルマンの役を演じる上で意識したことをお聞かせください。

 やはりホテルマンらしさというものが、ホテルの品格や空気を作ると思っていたので、そういう所作はきちんとできるといいなという思いがありました。撮影現場に入る前にホテルマンの研修があり、そこで集中してしっかり学びました。

 私が演じた山岸という女性は、ホテルマンに憧れてなった人。自分の仕事に誇りを持ち、愛情を持って向き合えるということはとても重要だと思うので、私も社会人としてすごく共感することができました。

長澤さんはホテルが大好きだと伺いました。

-長澤さんはホテルが大好きだと伺いました。

 はい、大好きです!ホテルに住みたいです。もちろん楽だから、という理由もありますが、ちょっと気取れるところがいいのかな。コンシェルジュがいてケアをしてもらえて・・・という日常的ではない特別な場所ですよね。そこには人間の秩序がある感じがして、自分もきちんとしようと思えるし、その空間を楽しもうと思える。私のセリフにもあるように、違う自分になった気持ちで、仮面をかぶってそこにいられるというのが楽しいポイントなんだなって、この作品を通してより感じられたように思います。

本作の見どころと、長澤さん流の楽しみ方は?

-本作の見どころと、長澤さん流の楽しみ方は?

 ホテルに次々と現れる個性豊かなお客様がとても面白いんです。本当に面倒くさい人ばかりで・・・(笑)。

 劇場で観られる際には、作品の舞台である“ホテル・コルテシア東京”のお客さんになったつもりでご覧いただくと面白いかもしれません。ここまでこだわって作るのはめずらしいのでは、と思うほどとても豪華なセットだったので、その抜かりない空間を、スクリーンを通して、ぜひホテルの中の一員となって感じてもらえれば、と思います。

エリート刑事・新田を演じた木村拓哉さんとは初共演。

-エリート刑事・新田を演じた木村拓哉さんとは初共演。

 木村さんは本当に真面目な方なので、撮影中はとても集中されていて、無駄話もあまりしないんです。撮影が始まっちゃうと一日ずっと。撮影現場って慣れてくるとだんだんみんな気が抜けてきて、それが良い場合もありますが、進行が遅れてしまうことも。そういった時に現場を締めてくださるのはいつも木村さんでした。ずっと緊張感を持ってやってきた方なんだという部分が見えて、本当に頭が上がらないなと思いました。

 現場でも打ち上げでもほとんど話す機会がなくて、最近ようやく取材などでリラックスしてお話しさせていただくことが増えたので、とても嬉しいです。

中日新聞の読者へメッセージをお願いします!

-中日新聞の読者へメッセージをお願いします!

 お正月にふさわしいエンターテインメント作品ができました。華やかなホテルの世界の裏側を垣間見て楽しんでいただけたらと思います。

Photo Gallery

長澤まさみ 出演情報

『マスカレード・ホテル』
©2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会
©東野圭吾/集英社
『マスカレード・ホテル』
1月18日(金)全国東宝系にて公開
 都内で連続殺人事件が発生。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、次の犯行場所がホテル・コルテシア東京であることを突き止め、ホテルマンに扮して犯人を追うことに。彼の教育係に任命されたのは、優秀なフロントクラーク・山岸尚美。次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として疑う新田と、ホテルマンとして信じる尚美は、衝突を繰り返しながら事件の真相に迫る。果たして仮面(マスカレード)をかぶった犯人の正体とは・・・。

キャスト/木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 菜々緒 生瀬勝久 松たか子 石橋凌 渡部篤郎 他

(2019年1月11日 中日新聞掲載)

※既に受付が終了している公演もございます。
詳しくは「サンデーフォークプロモーション オフィシャルサイト」にてご確認ください。

絢香
森山直太朗
DEAN FUJIOKA
大竹しのぶ
杉山清貴&オメガトライブ
スターダスト☆レビュー
BEGIN
渡辺美里
辛島美登里
押尾コータロー

チケットのお問い合わせ/サンデーフォークプロモーション TEL 052-320-9100

イベント・アート

宗春スペシャルインタビュー

試写会情報

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る