オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
宗春スペシャルインタビュー

黒木華

くろきはる/1990年生まれ。大阪府生まれ。2014年、映画『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。主な映画出演作に、『母と暮せば』(15)、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16)、『海辺のリア』(17)など。公開待機作に『日日是好日』、『億男』、『ビブリア古書堂の事件手帖』、『来る』がある。

心揺さぶる、“ちゃんと生きている人”が放つ、美しさ。

 日本映画界に新たな歴史を刻む、“美しい時代劇”『散り椿』が9月28日(金)に公開されます。直木賞作家・葉室麟の同名小説を日本映画界の巨匠・木村大作が監督・撮影。“切なくも美しい愛の物語”をテーマに仕上げました。主演は岡田准一、共演は西島秀俊、麻生久美子、奥田瑛二ら豪華俳優陣が集結。主人公が愛した妻の妹を演じた黒木華さんに、本作の魅力などを聞きました。

完成した本作について、率直な感想をお聞かせください。

-完成した本作について、率直な感想をお聞かせください。

 「美しい時代劇を撮るんだ」。監督の大作さんがおっしゃっていた通りの作品になっています。撮影は富山県を中心に、全編オールロケのため、美しい日本の四季がありのままの姿で映し出されています。その自然美のなかに登場人物たちの静かな佇まいがあり、鋭く激しい殺陣があり、すべてが合わさり、「美しい」と思える作品になっています。

本作での役どころは?

-本作での役どころは?

 岡田准一さん演じる瓜生新兵衛の妻・篠の妹、坂下里美を演じました。新兵衛はまさに“武士道”そのもの。藩の不正を訴えるなど自分の正義をもち、妻・篠への愛を貫く、“ちゃんと生きている人”です。里美はそんな新兵衛を“受け止める”存在です。篠を想い続ける新兵衛に対して、里美はその現実すべてを受け入れて、自分のなかで受け止めて、優しく見守る人だと思います。

撮影時の思い出は?

-撮影時の思い出は?

 撮影はまるで、セッションのようでした。大作さんは、役と“想い”が合っていれば、「セリフも変えていい」と。そのため、岡田さんは新兵衛の気持ちになりきるなかで「俺、このセリフを言うか言わないかわからない」。演じるなかで生じる岡田さん=新兵衛の想いに応えるように私も演じました。また時代劇では着物の所作を求められますが、大作さんは「気にしなくていい」。最初は「大丈夫かなぁ」と半信半疑でしたが(笑)、そうおっしゃっていただけたおかげで、所作にとらわれることなく、自然に演じることができたと思います。

監督についての印象は?

-監督についての印象は?

 お会いする前は、“怖い”と思っていました(笑)。実際はその通り(笑)、現場では大作さんの怒鳴り声が響いていました。でも、それは現場の士気を高め、私たちやスタッフの皆さんを鼓舞する声。そのため、現場は良い緊張感を保ちながら、和気あいあいとしていましたね。大作さんが現場の雰囲気を作り上げ、夕方には必ず撮影を切り上げて、「ごはん行こう」。みんなで夕食を囲みながら、大作さんから黒澤明監督の話などを聞くことができ、とても刺激になりました。人と出会い、人と一緒に作品を作り上げる仕事ですから、さまざまな方々から生き方を聞き、その人の生き様を見ることは、私にとって、とても大切なことです。

最後に中日新聞読者へメッセージをお願いします。

-最後に中日新聞読者へメッセージをお願いします。

 本作は愛の物語です。そして大作さんが「見たことのない殺陣をやってほしい」と希望した通り、岡田さんの殺陣のスピード、美しさは本当にすごいです!見ごたえがあります。今回は富山ではおいしいごはんをたくさん食べたので、今度は名古屋で、おいしいものを食べたいです!

Photo Gallery

黒木華 出演情報

『散り椿』
©2018「散り椿」製作委員会
『散り椿』
9月28日(金) 全国東宝系にて公開
享保15年、瓜生新兵衛(岡田准一)は藩の不正を訴え出たことで、離藩の憂き目に遭う。故郷を離れ、新兵衛は最愛の妻・篠(麻生久美子)とつつましく暮らすが、篠が病に倒れた折に、彼女から最後の願いを託される。それは、かつては新兵衛の友であった榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。新兵衛と采女の因縁、過去の不正事件、妻の本当の想いとは…。

(2018年9月7日 中日新聞掲載)

※既に受付が終了している公演もございます。
詳しくは「サンデーフォークプロモーション オフィシャルサイト」にてご確認ください。

DRUM TAO 12/1(土)長良川国際会議場、12/2(日)アイプラザ豊橋 講堂、12/4(火)日本特殊陶業市民会館フォレストホール \5,500(税込)
矢野顕子 12/5(水)名古屋市芸術創造センター \4,500(税込)
岡村孝子 12/5(水)東海市芸術劇場大ホール \8,000(税込)
阿部真央 12/1(土)日本特殊陶業市民会館フォレストホール \6,000(税込)
Ms.OOJA 11/10(土)四日市市文化会館第1ホール \5,500(税込)
ORANGE RANGE 10/28(日)鈴鹿市民会館 \5,800(税込)

チケットのお問い合わせ/サンデーフォークプロモーション TEL 052-320-9100

イベント・アート

宗春スペシャルインタビュー

試写会情報

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です