オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
宗春スペシャルインタビュー

野沢雅子&中川翔子

のざわまさこ/東京都出身。「ドラゴンボールシリーズ」の孫悟空をはじめ、「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎、「銀河鉄道999」の星野鉄郎など、多数のアニメ作品に出演する声優。日本のみならず海外にもファンが多い。ポケモン映画での声優は、今回が初。

なかがわしょうこ/1985年生まれ。東京都出身。2002年に「ミス週刊少年マガジン」に選ばれ、2005年に「しょこたん☆ぶろぐ」の更新数と内容が話題に。以降は声優、女優、歌手、イラストレーターなど幅広く活躍。ポケモン映画での声優は、2007年から12年連続。

野沢「三世代で見てほしい。会話したくなるストーリー」
中川「この映画から新しい伝説が始まります!」

 20周年記念作品から1年、『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』が7月13日(金)全国東宝系にてロードショー。監督など制作陣に若き才能が加わった、“まったく新しいポケモン映画”とも言われています。ポケモン嫌いのおばあさん・ヒスイ役の野沢雅子さんと、ポケモン初心者の女子高生リサの弟・リク役の中川翔子さん。それぞれの声を演じる2人に、映画の見どころを聞きました。

野沢さんはポケモン映画に初出演となりますが、どのように作品に臨もうと思いましたか?

-野沢さんはポケモン映画に初出演となりますが、どのように作品に臨もうと思いましたか?

 野沢 : 私は前もって構えて準備することはしないんですよ。わりと自然体で入っていく人ですから、本をバーッと読んで自分の役柄だけ頭に置いていると、大体一回目の収録で役に入っていけるんです。スーッと。

 中川 : 私自身は、恐れ多くもなんと(ポケモン映画出演が)12回目になりました。野沢さんと同じ作品に関わり、永遠に残るということが光栄の極みです!

それぞれの役どころ、またはその人物の声を演じるために心掛けたことはありますか?

-それぞれの役どころ、またはその人物の声を演じるために心掛けたことはありますか?

 中川 : 今回演じたリクは友達がいっぱいで、まさに“リア充”という心に余裕のある男の子です。声を使い分ける場面がございまして、現場で監督から指示をもらい、いろいろなバージョンを試しながら進めました。それがどうなっているのかはお楽しみですね。

 野沢 : 台本を読んでその物語と人物の中にスッと入って、マイクの前で今回のヒスイさんというおばあちゃんの第一声を発する。前もって役作りはしませんが、引き出しを増やすことは大切。例えば普段電車に乗ったときに聞こえてくる人の会話は、よく聞いているんです。その時の喋り方を引き出しにしまっておいて、仕事の時にそれを出して、スッと使わせていただいています。

今回のポケモン映画は“まったく新しいポケモン映画”と謳われています。見どころをお聞かせください。

-今回のポケモン映画は“まったく新しいポケモン映画”と謳われています。見どころをお聞かせください。

 野沢 : 見どころはそれぞれが決めていいと思うの。私は欲張りですから、タイトルが始まったところから、ずっと同じ気持ちで最後まで見てほしい。エンドロールまでじっくりと。

 中川 : たしかに今回は、冒頭からエンドロールが終わった後にまでお楽しみがあるので。そこでやっと分かる秘密もありますし。ポケモンが大好きな人にとっては、懐かしい音色だったり過去最大級ではと思うくらいのポケモンの登場数だったり、ご褒美がいっぱいですよ。サトシとピカチュウの出会いを描いた昨年の作品を経て、今年は間口が広くて見やすいと思うので、ポケモンを知らない大人もちびっこも見に行ってほしいです。21作目からまた新しい伝説が始まっていくのではないでしょうか。

どのような人に映画を見てほしいですか?中日新聞読者にメッセージをお願いします。

-どのような人に映画を見てほしいですか?中日新聞読者にメッセージをお願いします。

 中川 : 年齢も性別も言葉も、海も国境も全て飛び越えて、地球規模で繋がれるポケモンは、もはや日本の文化になっていると思うんです。この映画では登場人物の誰かしらに共感しながら、人の強さや弱さを感じられるはず。感想を話し合って気づくことがあるかもしれないので、すべての世代の人に、大切な人と見てほしいです。新しい未来に向かっての思い出になると思います。

 野沢 : 私はなるべく三世代で見に行ってほしいな。見終わった後に会話ができるじゃないですか。会話するにはとってもいい作品だと思うので。

 中川 : すべての世代が笑顔で繋がれる、素敵な映画になっています。

Photo Gallery

野沢雅子、中川翔子 出演情報

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokemon ©2018 ピカチュウプロジェクト
7月13日(金)全国東宝系にてロードショー
『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』
人々が風と共に暮らす街・フウラシティで1年に1度開催される風祭り。その最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れ、人々は恵みの風をもらう約束を昔から交わしていたという。偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウが出会ったのは、悩みを抱え一歩を踏み出せない5人の仲間たち。その皆が出会うことで運命の歯車が動き出す―。昨年20作目を迎えたポケモン映画。今年新たな一歩を踏み出し、この夏一番の感動を届ける!

(2018年7月6日 中日新聞掲載)

※既に受付が終了している公演もございます。
 詳しくは「サンデーフォークプロモーション オフィシャルサイト」にてご確認ください。

TULIP 2018/10/26(金)  18:30 (17:45 開場) 2018/10/27(土)  17:30 (16:45 開場) 名古屋国際会議場 センチュリーホール
郷ひろみ 2018/09/15(土)  17:30 (17:00 開場) 2018/09/16(日)  15:00 (14:30 開場) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
谷村新司 2018/10/06(土)  16:30 (16:00 開場) アイプラザ豊橋 講堂 2018/10/08(月・祝)  16:30 (16:00 開場) 不二羽島文化センター(羽島市文化センター)
森山良子 2018/10/05(金)  16:00 (15:30 開場) 豊田市コンサートホール
スターダスト☆レビュー 2018/10/08(月・祝)  13:30 (12:30 開場) モリコロパーク(愛・地球博記念公園)

チケットのお問い合わせ/サンデーフォークプロモーション TEL 052-320-9100

イベント・アート

宗春スペシャルインタビュー

試写会情報

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です