深津絵里

ふかつえり/1973年生まれ。大分県出身。シリアスからコメディまで抜群の演技力で演じ分ける、実力派女優。『悪人』(2010)、『ステキな金縛り』(11)、『永い言い訳』(16)などの映画をはじめ、ドラマや演劇にも数多く出演する。15年公開の映画『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』で第89回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。

 『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』などで知られ、いつも独自の視点で楽しませてくれる矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』が、2月11日に公開されました。今回描かれるのは“電気がなくなった世界”。何が起きるか分からない世界でサバイバルに挑む家族のお母さん・光恵を演じた、日本を代表する実力派女優、深津絵里さんにお話を伺いました。

 矢口監督のオリジナルの脚本の面白さはもちろん、今回は今までにないテイストです。監督が描く新しい世界に足を踏み入れたような感覚があります。脚本を読んだ時も、できあがった作品を観た時も、また撮影現場での監督のたたずまいにも、作品への思いが詰まっていることを感じました。“電気がなくなる”ということはひとつの現象に過ぎず、それにまつわる人間の右往左往する様に注目してほしいですね。“家族って何だろう”ということを考えるきっかけになると思います。

 私は実際には子どももいないし、結婚もしていないので、最初は「本当に私がお母さんでいいのかな?」と疑問や不安がありました。ただ、矢口監督の世界の中での母という存在なら、もしかしたらできるかもと思えました。監督もいわゆるステレオタイプな“お母さん”は望まれていなかったし、私自身も今回の見るべきポイントはそこではないと思っていたので、母親の役だからこうしなければというのは考え過ぎずに、撮影現場で自分が映っていない時にも子ども達が安心していられるような場所にできたらいいな、と思っていたくらいです。

 矢口監督とはずいぶん前に一度ドラマでご一緒して、その時の「また一緒にやりましょうね」っていう監督の言葉をずっと信じてきたからこそ、今回の役に巡り会えたんだと思っています。

 立ち向かわなければいけない過酷なシーンに、自分たちがどうやって体調を維持して、怪我のないように挑むか、ということに意識を注いだ日々でした。まず撮影現場にたどり着くまでに時間がかかったり、到着してからも冬の川の中に一日中浸かったり、豚を追いかけたり…。オールロケだったのでお天気にも左右されて、もう撮影自体がサバイバル(笑)。でも、ハードになればなるほど、家族のみんなと繋がっている深さや強さは増していって、言葉がなくても分かり合えるような空気がありました。朝から晩までずっと顔を合わせていたので、撮影の合間の他愛ない会話などもとっても楽しくて、サバイバルに挑む前の息抜きのようでした。

 お父さん役の小日向さんはまさに明るいエネルギー。どんな大変なシーンが待ち構えていても小日向さんとだったら大丈夫だと思えました。映画の中では正反対ですが(笑)。子ども達も本当の家族みたいにリラックスして接してくれました。こちらが喋っていても、気にせずケータイで誰かと連絡とっていたりとか(笑)。

 以前、三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』という作品で、中井貴一さんとの裁判所のシーンを名古屋で撮影したんです。その時に中井さんにおすすめのひつまぶしのお店に連れて行っていただきました。名古屋は食べ物がすごくおいしくて、特に鬼まんじゅうが大好きです。それと、人生初のお相撲を見たのが名古屋!その映画の撮影中ちょうど名古屋場所をやっていたので空き時間に観に行きました。

 サバイバルと言いつつも悲惨な息苦しい映画ではありません。矢口監督のユーモアがたくさん詰まった映画です。ぜひ楽しんで観ていただきたいですね。

深津絵里 出演映画

©2017 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

2月11日(土・祝)全国東宝系にて公開
『サバイバルファミリー』

ある日、突然電気が消滅し、電化製品や交通機関、ガス、水道など電気を必要とするあらゆるものが完全にストップしてしまう。東京に暮らす平凡な一家、鈴木家は、突然訪れた超不自由生活の中、父の一世一代の大決断により東京から脱出を図ることに。サバイバル能力ゼロの家族は、この事態を乗り切ることができるのか!?

※既に受付が終了している公演もございます。

 詳しくは「 サンデーフォークプロモーション オフィシャルサイト 」にてご確認ください。

音市音座 スタ☆レビとゲストアーティストが名曲の数々を披露する一夜限りの夢のコラボレーションライブ 3/20(月・祝)17:30 日本ガイシホール 指定\5940 矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017 「ラーメンな女たち」 4/23(日) 17:30 愛知県芸術劇場 大ホール 全席指定\7,560 円(税込) ※3歳未満入場不可。3歳以上チケット必要。※演奏の妨げとなるお子様の入場はお断りいたします。 日本が誇る3大ヴァイオリニストが一堂に会する 日医工presents HATS 15th Anniversary 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート~ 4/18(火) 18:30 全席指定\8,500(税込) ※未就学児童入場不可 届けよう!東海から元気を!!震災復興応援コンサートVol.7 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール 指定\3,000(税込)※未就学児入場無料。但し、お席の必要な方はチケットをご購入ください。

チケットのお問い合わせ/サンデーフォークプロモーション TEL 052-320-9100