イベント&アート一覧
日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展
おすすめイベント&アート

日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

「カルミアーノの農園別荘」(壁画を一連の空間装飾として再現した展示イメージ)写真提供:Altritaliani

 7月23日(土)から9月25日(日)まで、名古屋市瑞穂区の名古屋市博物館で「世界遺産 ポンペイの壁画展」が開催されます。日伊国交樹立150周年を記念して開かれる展覧会で、日本初公開を含む、ポンペイ遺跡から出土した壁画約80点などを展示します。

 2000年前、火山の噴火により時代をそのまま閉じこめたイタリアの町、ポンペイ。本展はポンペイ遺跡からの出土品の数々を紹介します。 中でもアウグステウム(皇帝崇拝の場)から発見された「赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス」は、日本初公開となる作品で、海外に初めて持ち出される大変貴重な作品です。本作はその完成度の高さから、ルネサンス期にイタリアで活躍した画家「神のごときラファエッロ」の作品になぞらえ称賛されました。本展には同じくアウグステウムから発見された「テセウスのミノタウロス退治」「ケイロンによるアキレウスの教育」の3点が展示されます。

 そのほかにも、当時の人々の美意識とスケール感を体感できるよう、「カルミアーノの農園別荘」と呼ばれる建物の一室を、立体展示で再構成します。ポンペイの赤色が印象的な16枚の壁画パネルを、2000年前の室内空間さながらに鑑賞する貴重な機会。古代ローマの美をぜひお楽しみください。

 8月28日(日)14時から、『新潮45』で漫画「プリニウス」を連載中のヤマザキマリさんととり・みきさんのトークショーが開かれます。事前申し込み制(応募多数の場合は抽選)となっていますので、詳細は下記HPからご確認ください。

「テセウスのミノタウロス退治」 後1世紀後半 ナポリ国立考古学博物館c ARCHIVIO DELL'ARTE-Luciano Pedicini/fotografo 「ケイロンによるアキレウスの教育」後1世紀後半 ナポリ国立考古学博物館c ARCHIVIO DELL'ARTE-Luciano Pedicini/fotografo

データ日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

【日時】 2016年7月23日(土)~9月25日(日)
[休館日] 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、第4火曜日
午前9時30分~午後5時  ※入館は閉館30分前まで
【会場】 名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)
【入場料】 一般1,300円(1,100円)、高大生900円(700円)、ペアチケット2000円(前売りのみ)、中学生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※前売券の販売は平成28年7月22日(金)まで
【主催】 名古屋市博物館、中日新聞社、CBCテレビ
【後援】 外務省、文化庁、イタリア文化財・文化活動、観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館、伊日財団、名古屋日伊協会
【協賛】 旭化成、大日本印刷、日本通運、マセラティ桜山・マセラティ名古屋
【協力】 アリタリア-イタリア航空、日本貨物航空、名古屋市交通局、近畿日本鉄道
【問い合わせ】 名古屋市博物館 052-853-2655