イベント&アート一覧
黄金伝説展
おすすめイベント&アート

黄金伝説展

 ギリシャ神話によれば、神にひとつだけ願いを叶えてやると言われたミダス王は、「自分の手で触れるものがすべて金に変わる力」を欲しました。それほどまでに、金は遥か先史の昔から今日にいたるまで人々を魅了し続けています。

 本展では、古代地中海・黒海地域に花開いた文明―クレタ、ミュケナイ、トラキア、ギリシャ、エトルリア、ローマ、ヴァルナ―が生み出した、装身具や食器などの様々な金製品を展示します。また、粒金細工などの高度な金細工技術にも注目します。現存する古代の金製品の多くは、副葬品として墓に納められ、あるいは遺宝として土の中に埋められており、このような金製品の由来にも焦点をあてて、金の歴史をひもときます。

 一方、ギリシャ神話が伝える金にまつわる物語は、世界に名だたる画家たちを魅了しました。黄金の雨に姿を変えたゼウスや、金の羊毛を探し求めるアルゴー船などの神話は、多くの画家の名作の源となっています。

 本展では、古代文明の輝かしい黄金製品と、モローやクリムトなど、巨匠たちが描いた金をテーマとする絵画をあわせて展示し、「黄金」の歴史と魅力を紹介します。

  公式ホームページはこちら

豪華絢爛 魅惑の純金≪パナギュリシュテ遺宝≫紀元前4世紀-紀元前3世紀 金 ブルガリア、パナギュリシュテ出土 プロヴディフ考古学博物館 Photographs: Regional Archaeological Museum - Plovdiv, Bulgaria

データ黄金伝説展

【日時】 2016年4月1日(金)~5月29日(日) [休館日]毎週月曜日
午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで
【会場】 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階) 名古屋市東区東桜1-13-2
【料金】 一般:1,400円(1,200円)、高校・大学生:1,100円(900円)、中学生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※前売券の販売は平成28年3月31日(月)まで
【主催】 愛知県美術館、中日新聞社、CBCテレビ
【後援】 外務省、文化庁、イタリア大使館、オランダ王国大使館、ギリシャ大使館、
ドイツ連邦共和国総領事館、ブルガリア共和国大使館
【特別協賛】 住友金属鉱山
【協力】 アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、
名古屋市交通局、名古屋鉄道、近畿日本鉄道
【監修】 青柳正規(東京大学名誉教授)
【問い合わせ】 愛知県美術館 052-971-5511(代)
中日新聞社文化事業部 052-201-3766