Premiumインタビュー一覧
映画「復讐したい」 水野勝&小林豊&田中俊介&本田剛文インタビュー
Premiumインタビュー

 『リアル鬼ごっこ』(15)や『その時までサヨナラ』(10)など、数々の作品が映画化されてきた人気小説家・山田悠介の『復讐したい』がノンストップバトルアクションムービーとして実写映画化。出演しているのは、名古屋が誇るイケメンユニット「BOYS AND MEN」のメンバーたち。初めて挑むシリアスな役柄や命という重いテーマについてうかがいました。

高橋泰之役の水野勝さん 水野  奥さんである泉(高橋メアリージュン)との結婚1周年のシーンです。何気ない場面ですが幸せの象徴ですし、この幸せや奥さんのことを心から愛していたからこそ、今回の物語が出来上がっていると思います。僕は特に目を意識して演じたので、ここから変わっていく表情にも注目してほしいです。
小林  僕は復讐するみんなと違って見守る側だったので、殺し合いの現場を見ていないんですが、放心状態で帰ってきた復讐者たちの顔がとても印象的でした。みんな目が死んでいるし、罪悪感も抱えているだろうし・・・。見ていて胸が苦しくなりました。
田中  僕はテロ被害者の会のリーダー役だったのですが、その会のメンバーが暴走するのを止めるシーンが印象に残っています。個人的な感情ももちろんありますが、リーダーとしての存在感を出さなくてはと、 かなりこだわって役作りしました。あとは、冒頭のパンクな音楽と一緒にタイトルが出るところも好きですね。ハラハラするし、映画の始まりにワクワクしました。
本田  鮮烈に頭に残ったのは、犯罪被害者になってしまったシーンです。つまり、愛する人を理不尽に殺されてしまったシーンです。これは作品の源の部分にもなっていると思います。

田所哲也役の小林豊さん 水野  愛する人が目の前で殺されるというのは経験したことがないので、犯罪犠牲者の気持ちを勉強するところから始めました。そして奥さんを心から愛さないと「復讐したい」という気持ちと行動にはならないと思ったので、泉という役を心から愛しました。
小林  何事もフェアに見る、そしてそれをまっすぐストレートに伝えるということを意識して演じました。2日間で濃縮して撮影をしたのですが、終わった後は何日経ったんだろう!?と思えるほどの疲労感でした。それほど、緊迫感と達成感がありましたね。
田中  僕が実際に役と同じ環境になったとき「復讐したい」選択をできるのか?を考えました。演じた役はその選択をしているので、そこまでどう気持ちを持っていくのか、実際に復讐の機会を目の前にしたら怖くなると思うけど、それを乗り越えるのってなんだろう?と等身大で考えて演じました。
本田  僕は姉がテロリストによって殺され、復讐をする役でした。実際にいる僕の妹が、もし突然いなくなったらどう思うのか?を考えて役作りをしました。命のやりとりが描かれる作品なので、どれだけの臨場感が出せるのか・・・。色んな作品を観たり、監督に教わったりしました。

板垣潤也役の田中俊介さん 水野  自分自身ならどうするのか?を考えやすい映画です。きっと見終わった後に、感想や意見を話したくなるようなストーリーになっていると思います。
小林  復讐が成功しても自分にもいるように、その人にも大切な人がいる。どんな人にも大切な人がいることを感じてほしいですね。
田中  観終わった後に親に連絡してみよう、恋人を食事に誘ってみよう・・・など、今周りにいる人を大切にしようと思ってもらえたら良いなと思います。
本田  テーマはとても重たく、決断することも勇気がいることだけど、伝えたいことは「やったらやり返される」というシンプルなものだと思います。人間の本性を感じて、エンターテインメントとしてガンアクションを素直に楽しんでほしいです。

日野翔太役の本田剛文さん 水野  「お前なら復讐したい?しない?どっち?」です。仲が良い友達だからこそ、気になります。
小林  やったらやり返されるからやらない方が良い。それがわかる映画です。
田中  あのボイメンが血みどろになっている映画(笑)。僕的には、この作品はボイメンとしての挑戦だと思っています。普段のボイメンとのギャップがすごく出ています。
本田  人間の腹の底が見える映画。そういった意味でもボイメンファン以外の人にも楽しんでもらえると思うので、ぜひたくさんの人に観てもらいたいです。

story

©山田裕介/幻冬舎/「復讐したい」製作委員会 犯罪に巻き込まれた被害者もしくは親族が、犯罪者に直接制裁を下せる法律「復讐法」が制定された2020年。愛する妻・泉(高橋)を突然殺された中学校教師・高橋泰之(水野)は、自らの手で復讐する道を選び、復讐の場所である孤島へ向かう。ちょうどその頃、過激な環境保護団体「アースウィング」のメンバーが捕まり、康之と同時に孤島へと向かう。果たして康之は復讐を成功させることができるのか・・・・・・。

story

復讐したい監督/室賀厚
原作/山田悠介『復讐したい』(幻冬舎文庫)
出演/水野勝、高橋メアリージュン、小林豊、田中俊介、勇翔、本田剛文、田村侑久、吉原雅斗、辻本達規、土田拓海、若菜太喜、平松賢人ほか
2月27日(土)よりセンチュリーシネマほかで公開
(全国の公開は3月5日~)
http://revenge-movie.com