お友達映画一覧
お友達映画

ディオールと私

映画館
ディオールと私
おすすめお友達映画
写真

世界を魅了するC.ディオールの
パリコレの舞台裏に迫る物語

 「クリスチャン・ディオールのドレスを着たままベッドにうずくまる」。お洋服が大好きでアパレル業界に入り、デザイナーを目指したティーンの頃の私の夢でした。ディオールのオートクチュールドレスの特徴は、フェミニンで美しいシルエットに品のよい豪華さ、そしてロマンチックな味わい。常にニュールックを世に打ち出し、モードを牽引していく憧れのメゾン。この映画のオートクチュールコレクションは写真や動画で見たことがありますが、その裏側を見られるなんて大興奮でした。オープニングに登場する黒いジャケットにまつわる驚きのエピソード、美しいドレスのプリント生地にもアトリエの人々の葛藤があったのです。

 映画は、2012年にディオールのアーティスティック・ディレクターに、ジル・サンダーでデザイン担当をしていたラフ・シモンズが就任。フランス語も少ししか話せないベルギー人の彼が、就任してから8週間後のコレクションまでを描くドキュメンタリーです。オートクチュールは初というラフが、糸の染めから生地までを選び、ベテランお針子さんやアクセサリーなど、各部門のプロフェッショナルなアトリエの人たちと葛藤の末、54体のオートクチュールが完成し、100万本の花に囲まれたランウェイにモデルたちが歩き出す。1日1日の作業を丁寧に積み重ねていくクリエーターたちの姿、自分自身の仕事に対する誇りと情熱ゆえ時に衝突するも、それを乗り越えて作り上げたラストシーンに登場する苦悩と努力の賜物のオートクチュールコレクションは、本当に圧巻です。

写真
ストーリー

2012年、空席になっていたディオールのアーティスティック・ディレクターにラフ・シモンズが就任するという、ファッション業界を驚かせた発表があった。パリ・モンテーニュ通り30番地。ディオール本社の最上階のアトリエでラフ・シモンズ率いるデザイナー達に紹介されたのは、105人の経験豊かなお針子達。全世界が注目する8週間後のコレクションショーに向けての準備が始まろうとしていた・・・・・・。

 コレクションの準備のひとつに会場選びとディスプレイ。これもディレクターであるラフの仕事になります。彼は、ノルマンディーのディオールの生家を訪ね、グレーがかった淡いピンクのお家を訪ねていく。ラフは生家の「花」に注目したのです。コレクション会場の壁面いっぱいに、100万本の生の花を使うわけですから「予算的に大丈夫か?」という会社側のリアルな言葉も飛び交うのがリアルでしたね。コレクションの準備は通常5~6ヶ月かかると言われているのに、それをたった8週間でやり遂げたアトリエ全ての人に拍手を送りたいです。ディオールファンはもちろん、クリエイティブに携わる人、ひとつのプロジェクトを完成させるという同じ志を持つ人々にとっても必見の映像なのです。ラストのショーで女優、モデル、エディターなど各界の著名人の姿を確認するのも楽しいですよ!

データ ディオールと私

  • 監督フレデリック・チェン
  • 出演ラフ・シモンズ、Diorアトリエ・スタッフほか
  • 公開2015年3月28日(土)~ センチュリーシネマにて公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。