デート映画一覧
デート映画

エイプリルフールズ

映画館
エイプリルフールズ
おすすめデート映画
写真

小さな嘘が連鎖して奇跡が
起こる笑いと涙の群像劇

 1年に1度だけ嘘をついても許される日4月1日。この習慣はいつから始まったのか色々調べてもよくわからなかったのですが、ここ数年は各企業がおもしろネタをネットで発表して、わかっちゃいるけど騙されるというのが定番になってきましたね。私もよく小さな嘘をつきますよ。ついた後に「なんちゃって~」と昭和風な訂正をして相手が一瞬騙され驚き、悔しそうに笑う姿を楽しむという罪の無い嘘。その場の空気を和らげるときによく使うのでネタのようなものです。

写真 写真

 今回そんな“嘘”をテーマに、ヒットドラマ「リーガルハイ」「相棒」シリーズを手掛けた脚本家・古沢良太が、完全オリジナルストーリーで4月1日に起きる1日の群像劇を作り上げ、テレビドラマでもタッグを組んでいる石川淳一監督と共に映画化。総勢27名の、誰もが見たことのある豪華な俳優陣が個性的なキャラクターに扮し、小さな嘘から始まるエイプリルフールの1日がテンポ良く進んでいきます。大きく分けると本作には7つの嘘が登場し、7つのエピソードの内、それぞれが少しずつ絡み合います。完全に融合するという構成ではないのですが、1エピソードの脇を2エピソードのキャラが通り過ぎるとか、2と3のキャラクターが知り合いだとか、良いさじ加減で絡んでいくので、観る側としては、頭の中で物語を紡ぎ合わせていくのが楽しいですね。いつもマスクをして芋けんぴが手放せない対人恐怖症の女と、セックス依存症の自称天才外科医を軸に色んなエピソードが展開していくのですが、この自称天才外科医を演じるのが松坂桃李。こんな“チャラい”桃李くんを見たのは初めて!ダメンズだけど憎めない。またしても新たなファンが増えちゃうかもね。メインのエピソードの他に、小ネタ的に小出しに登場する濃いキャラクターたちが私のツボ。りりぃ演じるうさんくさい占い師とその占い師を取り調べる高嶋政伸演じる刑事のふざけたシーンが差し込まれる度に笑いが止まりませんでした。高嶋政伸さんは「暗殺教室」でも怪演をしていますが、ピンポイントで印象に残る怪優として、今後の活躍に期待してますよ~。

ストーリー

4月1日を迎えた大都会。対人恐怖症のあゆみ(戸田)は、一夜限りの関係を持った天才外科医・牧野(松阪)に妊娠を告白する。牧野はエイプリルフールの冗談だと言って取り合わない。怒り心頭のあゆみは、牧野とキャビンアテンダントの麗子(菜々緒)がランチデート中のレストランへ乗りこむことに。同じ頃、皇族とおぼしき夫婦(里見、富司)が外出を楽しみ、ヤクザ(寺島)が小学生の女の子を誘拐し、トラウマを抱えた刑事(高嶋)がうさんくさい占い師(りりぃ)を取り調べ、引きこもりの中学生が宇宙人と交信する。暇そうな大学生が思わぬ展開になるなど嘘をついたり嘘が本当になったり…と、複雑な関係が交錯していくが・・・・・・。

 さて、約6年間、オピ・リーナ開設から始まった映画ページが、今回を持って終了となります。エイプリルフールにまつわる映画で締めくくるので“嘘”のようですが、“本当”です。松岡ひとみの映画紹介を読んでくださった方、映画館に足を運んでくださった方長い間ありがとうございました。See you at the Cinema!

データ エイプリルフールズ

  • 監督石川淳一
  • 出演戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、菜々緒、戸次重幸、宍戸美和公、大和田伸也ほか
  • 公開2015年4月1日(水)~ 名古屋ピカデリー、TOHOシネマズ名古屋ベイシティほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。