お友達映画一覧
お友達映画

くちびるに歌を

映画館
くちびるに歌を
おすすめお友達映画
写真

幼き頃の仲間を思い出す
澄んだ歌声に癒されて

 シンガーソングライターのアンジェラアキが、合唱コンクールで歌うために書き下ろした「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」。映画「くちびるに歌を」は、五島列島の中学生たちが、この曲で合唱コンクールに挑戦する様を、美しい自然とともに瑞々しく描いています。あまり映画で泣かない私が嗚咽しながら観た作品で、辛いことも楽しいことも、とにかく一生懸命な合唱部の子ども達の姿に、自分の“あの頃”を重ねてしまいました。「合唱部で臨時にピアノ弾きをしていた」、「高校入試に失敗して長い髪をバッサリ切ってショートにした」、そして、ひたむきに生きていたなと。15の私は、将来何をしているのか考えていたのだろうか。気になったので高校の卒業アルバムの将来の夢を書く欄を見てみたら「服飾デザイナー」と書いてありました!小学生の頃は「鮨屋」か「社長の奥さん」だったような(笑)。みなさんの15歳はどんな子どもでしたか?

 長崎県五島列島の小さな中学校に、臨時教師としてやってきたのが、新垣結衣演じる柏木ユリ。彼女はこの中学校出身で天才ピアニストとして東京で活躍していたのですが、悲しい過去からピアノが弾けなくなってしまい、島に戻ってきます。ユリの親友のハルコが産休するということで臨時教師に着任しますが、しょうがなく合唱部の指導を引き受けたという渋々感あふれるガッキーの演技が上手くてね。初対面の生徒達に「テキトーにヨロシク」と挨拶をするも、目も合わせないのです。しかし、本当は優しい心の持ち主で、今は心を閉ざしています。このユリを作り上げるため、ガッキーはユリの心情をしっかり理解して自分ならどうするか考え、監督に何度もチェックをしてもらったそうです。

写真
ストーリー

長崎県五島列島・中五島中学校。柏木ユリ(新垣結衣)は、音楽教師で産休に入る同級生のハルコから代理を頼まれ、数年ぶりに故郷に戻ってくる。生徒たちは美人のユリが東京でピアニストとして活躍していたと噂して興奮するが、ユリは冷たい態度を取り、頑なにピアノを弾かない。嫌々ながら合唱部の顧問となったユリは、女子部員だけだった合唱部に男子を入部させ、混声での全国コンクールへの出場を決め、部は大混乱。宿題で書かせた生徒達の“15年後の自分への手紙”によってユリは生徒たちと真摯に向き合い、悲しい過去から弾けなくなっていたピアノにも向きあうようになり・・・。

 劇中で子どもたちは15年後の自分へ手紙を書くのですが、そこには家族の問題など、彼らが抱える誰にも言えない悩みが綴られていたのです。中でも障がい者の兄を気遣う、美しい声の持ち主サトルの手紙は、涙で画面が見えなくなるほど泣かされました。兄役のパンクグループ「黒猫チェルシー」リーダーの渡辺大知くん、演技も上手すぎ!先日、新垣さん、三木監督、合唱部員を演じた12名の舞台挨拶がミッドランドスクエアシネマであり、なんと合唱部員12名の生合唱で主題歌を披露してくれたのです。劇中と同じようにキラキラしながら唄う姿に、司会なのに私ったら不覚にもウルウルしてしまった。美しく澄んだ彼らの歌声は、最高の清涼飲料水。疲れた心を癒してくれますよ。

データ くちびるに歌を

  • 監督三木孝浩
  • 出演新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、井川比佐志
  • 公開2015年2月28日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。