お友達映画一覧
お友達映画

味園ユニバース

映画館
味園ユニバース
おすすめお友達映画
写真

歌い手渋谷すばるの魅力満載
心に響く歌声に釘付け!

 「エイトレンジャー2」を観て関ジャニ∞の渋谷すばる君の俳優力に魅了され、テレビ番組で単独インタビューをした時は、アーティストオーラにドギマギしてしまった記憶があります。そんなすばる君の単独初主演作は音楽映画。しかも私の大好きな愛知県出身の山下敦弘監督が撮るということで、公開前からとても楽しみにしていたのです。山下監督はダメ男やダメ女を魅力的に撮るのが上手く、音楽も見る側の感情に寄り添うように挿入してくるので脳裏にしっかりと“残る”映画を作り続けています。

 実は今まで、すばる君の歌声を聞いたことがなかったけれど、歌唱力には定評ありで、彼自身“歌い手”としてこだわりを持ち続けているアーティスト。映画の冒頭で、記憶を失い、後にポチ男と呼ばれる男が、赤犬(大阪で実在するカリスマバンドが実名で出演)の野外ライブに乱入し、突如アカペラで“あの頃は~”と和田アキ子の「古い日記」を熱唱するその鬼気迫る歌声は、あまりにも上手すぎてド肝を抜かれ、聞き惚れてしまいました。“もっと彼の声が聞きたい!”・・・そう、一瞬にして心を鷲掴みにされ、音楽映画としての成功を感じました。演技力ももちろん大事ですが、歌によって彼の持ち味全てを出しているわけですから、自然と演技も説得力がある・・・というかこの人、ザ・俳優です!髪を短く刈り込み、よれよれのTシャツを着て、居候する家主からポチ男と呼ばれる彼の姿は微塵もアイドルを感じさせません。そして後半で彼の記憶が戻った時の狂気に満ちたその目と表情にはゾクゾクします。必ずや彼は近い将来、日本を代表する個性派俳優として賞賛されることは間違いなしです。

写真
ストーリー

地元のカリスマバンド「赤犬」のライブが行われていた公園に傷だらけの男(渋谷すばる)が現れ、いきなりマイクを奪ってアカペラで「古い日記」を歌い出し、圧巻の歌声を披露する。赤犬のマネージャー・カスミ(二階堂ふみ)はその声に一目惚れ。親友の女医(鈴木紗理奈)の診断により彼は記憶喪失ということがわかり、ポチ男と名付け、面倒を見ることに。ある日、赤犬のボーカルが交通事故に遭ったことで、急遽ポチ男がボーカルを務めることになる。味園ユニバースでのライブが近づくにつれ、ポチ男は自分の過去の過ちに気づいていくが・・・。

 貸しスタジオの経営者であり赤犬のマネージャーのカスミには、弱冠20才にして日本映画界に欠かせない個性派女優である二階堂ふみ。彼女との凸凹した関係性は時に笑いを誘い、現実には交わることがないであろう赤犬とすばる君のラストのライブーシーンは想像以上にマッチング。スピッツ、松田聖子、そして、古い日記・・・と何度も彼の歌声を聴くことになるのですが、すべて心に突き刺さり、改めて彼の歌の才能に驚くことでしょう。関ジャニ∞やすばる君のファンじゃないからと、この映画を観ない人は映画人生ソンすることになります!タイトルの“味園ユニバース”は大阪のなんば駅にある実在する元キャバレーで今は貸しホール。アングラ芸術の発祥地でサブカル人が町から発信する生きた音楽の躍動感をぜひ本作で体験してみて。

データ 味園ユニバース

  • 監督山下敦弘
  • 出演渋谷すばる、二階堂ふみ、鈴木紗理奈、康すおん、赤犬
  • 公開2015年2月14日(土)~ 109シネマズ名古屋ほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。