デート映画一覧
デート映画

ST赤と白の捜査ファイル

映画館
ST赤と白の捜査ファイル
おすすめデート映画
写真

個性派俳優達が勢揃い!
新感覚の警察バディムービー

 私の好きなドラマジャンルは警察=バディもの。性格が正反対のコンビが、最初は仲が悪いけど事件を解決していくうちに友情が生まれていく・・・という王道パターンは誰もが共感するジャンルなので、毎年多くの警察バディものが誕生していますよね。最近では「ST」シリーズがお気に入りでした。きっと映画になるだろうな~と思ったら本当になった(笑)。しかもドラマ放送中に映画化決定!焦らさずこの潔さ!いいですね。元々90年代から続いている今野敏の人気警察小説がベースなので、物語は俄然面白いわけで人気が出るのも納得。刑事ドラマの人気の要因は、連ドラと言えども1話で完結するので、途中から見ても取り残され感がない。犯人が毎回豪華ゲストだったりする。助演が舞台出身者など演技をきっちり魅せてくれる。主人公のバディは大抵が厄介者なので一般市民でも共感が持てる。STシリーズはこのセオリーにプラス、携帯電話やパソコンの文字が画面に映し出されポップな映像でわかりやすい。そしてこのコンビのやりとりはまるで夫婦漫才なのです。

写真
ストーリー

天才ハッカーによる囚人脱走事件が勃発。犯人の鏑木徹(ユースケ・サンタマリア)が焼死体で発見されるが、その場にいたとされる警視庁科学捜査班STのリーダー赤城左門(藤原竜也)が容疑者として逮捕されてしまう。その真意がわからないままリーダー不在でSTは解散。ところが赤城は留置所から脱走を図り、上層部は追跡目的でSTメンバーを再結成させる。STからの異動を2日後に控えたST責任者のキャップ・百合根(岡田将生)は赤城の無実を信じ捜査に参加するが・・・。

 舞台系のオーバー演技で影のある役のイメージがある藤原竜也と、イケメン俳優から演技派俳優にシフト中の岡田将生のコンビ。最初はふたりとも演技が上手すぎて、作り物バディ感があったため鼻につく感じだったのですが(笑)、徐々にこの違和感が面白くなってきたのです。藤原竜也演じる赤城は法医学のスペシャリストで、科学捜査すべてに精通しているのですが、「オレ様キャラ」なのに、対人恐怖症というキャラが藤原くんにぴったりはまりすぎ!そしてSTのメンバーも濃いキャラクターばかり。志田未来がプロファイリングのプロなのに秩序恐怖症の青山、超人的な聴覚で歩くウソ発見器といわれながら閉所恐怖症の結城役を芦田星がボディコン衣装で毎回登場、化学のプロで優れた嗅覚を持ちながら、なぜか武道にも精通しているが先端恐怖症の黒崎を若手実力派の窪田正孝、ノーベル賞級の化学者だけど不眠症で和尚と警察官の二足のわらじを履く山吹を個性派俳優の三宅弘城が演じています。Xメンのミュータント並のキャラクター設定が面白くて、それぞれの見せ場も映画でもたっぷりもあるのが嬉しい。演技派が脇を固めているので台詞の間合いが心地よく、安心感があるんですよね~。あはは!私、すっかりST中毒者ですね。ドラマを見ていない人でもまったく違和感なく映画版STにハマっていただけると思います。

データ ST赤と白の捜査ファイル

  • 監督佐藤東弥
  • 出演藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城、柴本幸、水上剣星
  • 公開2015年1月10日(土)~ ミッドランドスクエアシネマほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。