お友達映画一覧
お友達映画

ベイマックス

映画館
ベイマックス
おすすめお友達映画
写真

フワフワボディに癒される
ロボットと少年の奇跡の物語

 2014年の最大のヒット映画と言えば「アナと雪の女王」。続いて夏には「マレフィセント」が大ヒットとハズレなしのウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作は、ディズニーのクリエーター達が大好きな日本に捧げたラブレターとも言うべき作品です。舞台になるのは東京とサンフランシスコをミックスした架空都市・サンフランソウキョウ。登場人物の名前はヒロとタダシ、さらに鈴をモチーフにしたシンプルな顔のロボット・ベイマックス。物語は、「優しく心に響くストーリー」で、ジブリの「となりのトトロ」を参考にしているんですよ。そういえば主人公の叔母さんが飼っている猫の「モチ」はどうみても日本でよく見かける三毛猫ちゃん!日本が大好きな製作総指揮のジョン・ラセターが2人の監督に託したのは、日本の町並みを徹底リサーチすること。桜並木や、商店街、風情のある景観と街中に溢れる日本語の広告看板や自販機、歩道と車道の比率などなど・・・すべてがリアルでビックリします。これだけでも充分楽しめちゃうのですが、物語もとてもハートウォーミングなのです。

写真
ストーリー

多くの科学者達が住むサンフランソウキョウ。14歳の天才少年ヒロは、自作の最新ロボットでアンダーグランドのロボット・ファイトを制覇することに夢中になっていた。ある日、工科大学でロボットの研究をする兄のタダシに誘われて大学へ行くと、独創的な発表をすれば、飛び級入学ができると知る。タダシとその友人達の応援のもと、驚異的な発明に成功して見事大学に合格するが、直後に起きた爆発事故によって兄は死亡してしまう。しかし、その火事を不審に感じたヒロはタダシの残したケアロボット、ベイマックスを相棒に兄の死の真相を探ろうとして・・・。

 幼い頃に両親を亡くし、兄のタダシ、叔母のキャスと住む、ロボット好きなヒロ。ずっと支え合って育った仲良し兄弟ですが、ある日、事故に巻き込まれてタダシがこの世を去ってしまいます。心を閉ざしたヒロの前に、タダシが作ったケア・ロボットのベイマックスが現れ、傷ついた彼の心をケアしていきます。大切な人を守るため、全てを投げ出すベイマックスの姿に思わず号泣してしまいました。マシュマロボディのベイマックスは思わず抱きしめたくなっちゃうふわふわ感、温かな音声とよちよち歩きに癒され度満点。ロボットだから充電が切れると酔っ払いみたいにふらふらする姿もキュートなの!

 先日、インタビューでお会いしたキャスの声を演じた菅野美穗さんにベイマックスに何かプログラムを加えるとしたら何が良い?と聞いたところ、お料理のレパートリーを増やしたいので例えば、イタリアンの「川越達也」と言うとベイマックスが川越シェフ化して教えてくれるケアが欲しい!とのこと。いかにも新婚さんらしい主婦的な発想ですな。それなら私も欲しい(笑)。ベイマックスとヒロの友情物語、兄弟愛、さらに兄の友だちがヒロを支える友情、親子に近い叔母の愛など、ふんわりボディには愛がいっぱい詰まっています。今年の年末年始は、あなたもベイマックスに癒されてくださいね。

データ ベイマックス

  • 監督ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
  • 出演ライアン・ポッター、スコット・アツィット、ダニエル・へニー※日本語吹き替え版は菅野美穗、小泉孝太郎など
  • 公開2014年12月20日(土)~ ミッドランドスクエアシネマほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。