お友達映画一覧
お友達映画

幕末高校生

映画館
幕末高校生
おすすめお友達映画
写真

高校教師と教え子達が
幕末にタイムスリップ!?

 現代から幕末にタイムスリップという壮大な仕掛けを用いた時空エンタテイメント「幕末高校生」。タイムスリップものならではの自由な発想と、現代からやってきた未来人と幕末の人たちとのカルチャーショックな“ズレ”に大笑いしました。タイムスリップしたイマドキの女子高生が屋敷の侍女たちに派手メイクを教えたり、男子高生が持っていたスマートフォンに驚き、ルービックキューブに勝海舟が夢中になったりとコミカルなシーンが満載なのです。そして、後半は先人が行った偉業を、歴史の授業よりもわかりやすく教えてくれるのです。無駄な血を流さない西郷隆盛と勝海舟の「和平交渉」から始まる「江戸城無血開城」がされなかったら今の世の中はありえない。勝海舟らこういう人たちがいたから今の日本がある。そして未来を作るために私たちは生かされているというメッセージもあり、笑いから感動へと見事に昇華しています。

 本作で玉木さんが演じたのは今まで見てきた時代劇に登場する勝海舟と違って、頼りなく優柔不断。こんな人が本当に日本を変えたのだろうか、と思ってしまうほど。しかし、クライマックスシーンでは1対50の多勢相手に100手以上の見事な殺陣を見せてくれるのです。しかも7分間の長回し!前半の弱そうな雰囲気から一転、キリッとした表情はさすがです!幕末のもう1人のキーマン・西郷隆盛を演じるのが佐藤浩市。上野の銅像と違ってスタイリッシュな西郷どんですがこれまたハマリ役。お二人は劇中で使われている歴史の教科書にもモノクロ肖像画風に登場しているんですよ。また、西郷隆盛と勝海舟が蕎麦屋で言葉を交わすのですが、西郷さんは薩摩藩出身で蕎麦を食べ慣れていないのか、細かく箸で切って食べるんです(笑)。クスッと笑える細かいネタやこだわりもお見逃しなく。

写真
ストーリー

ある日の放課後、高校の歴史教師の未香子(石原さとみ)と教え子が幕末の江戸にまさかのタイムスリップ。そこで出会ったのは、新政府軍と幕府軍の無益な闘いを避けるべく、西郷隆盛(佐藤浩市)と和平交渉に向けて疾走する陸軍総裁・勝海舟(玉木宏)。しかし、史実にある「和平交渉」が行われないかも…という事態になり、何かが歴史を狂わせてしまったと焦る。江戸総攻撃が行われれば未香子たちは帰る未来がなくなってしまう、という危険にさらされて・・・・・・。

 実は先月、名古屋で本作の舞台挨拶の司会をさせていただき、玉木さんにインタビューさせていただきました。高校生が幕末にタイムスリップして勝海舟に会うお話なので、「勝海舟さんが玉木さんの元にタイムスリップしたらどんな名古屋めしつれていきます?」と聞くと「勝海舟さんの玄孫に聞いた話ですが、勝さんはうなぎが好きということなので、名古屋のパリッパリのうなぎを食べさせたいです。勝海舟さんのおごりでね」と答え、共演者の石原さんに「貨幣価値が違う」とつっこまれていました(笑)。そんな妄想も広がる、時間旅行がしたくなってしまう新時代劇ですよ。

データ 幕末高校生

  • 監督李闘士男
  • 脚本橋部敦子
  • 出演玉木宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、佐藤浩市、柄本明、石橋蓮司
  • 公開2014年7月26日(土)~ 名古屋ピカデリーにて公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。