お友達映画一覧
お友達映画

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

映画館
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~
おすすめお友達映画
写真

完全無欠のワイルドすぎる
青春エンタテインメント!

 これまでも数々のヒット作を世に送り出し新作が待ち遠しい映画監督・矢口史靖監督の最新作がいよいよ公開!『ウォーターボーイズ』では男のシンクロ、『スウィングガールズ』では女子高生のビッグバンドジャズ、『ハッピーフライト』では航空業界の裏側を面白おかしく描き、『ロボジー』ではなんとロボットに入ったおじいちゃんが大活躍。これまでユニークなテーマに目をつけ、日本中に笑いと感動を届けてきた矢口監督が次に選んだのは、なんと『林業』。2010年度本屋大賞第4位を獲得した三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を原作に、矢口監督が丹念な取材の成果を加味して脚本を書き上げました。アクションありラブあり感動あり、ちょっぴりエッチもあり、もちろん笑いはテンコ盛り!!

写真
ストーリー

大学受験に失敗し、恋人にもフラれた勇気(染谷将太)は、偶然手にしたパンフレットの美女に惹かれ1年間の林業研修に参加することに。ローカル線を乗り継いでたどり着いた村は携帯電話の電波も届かない山奥の田舎、神去村。凶暴な山の男ヨキ(伊藤英明)とワイルドすぎる村の男達から過酷な林業を教わる勇気。スパルタすぎて逃げだそうとするが、そこにパンフレットの美女(長澤まさみ)が村に住んでいると知って踏み留まり・・・・・・。

 携帯電話の電波も、都会の常識も通じない山奥を舞台に、林業を通じて逞しく成長していくイマドキの主人公・勇気を演じるのは、有名監督からオファーが殺到中の映画の申し子・染谷将太。園子温監督の「ヒミズ」で二階堂ふみとベネチア国際映画祭にて新人賞を獲得。今までは陰のあるキーマン役が多かったのですが、今回は茶髪のイマドキ男子を演じ、新境地を開きました。染谷くんってこんな可愛く笑うんだ!眠むそうな目が開いている!と子役時代から見守っていた私にとっては、母のように成長を喜んでおります(笑)。

 また、監督は徹底的な取材に基づいた「あるある」ネタや、知られざる世界を描くことで有名なので、何度も現地(三重県津市の美杉町)に通い、林業そのものを徹底取材。勇気が村で直面するとんでもない災難は監督自身の体験談も含まれているとか。また、全ての林業のシーンを吹き替えなしでキャスト自らが演じていて、染谷くんは林業訓練を行ってチェインソーの扱いをマスターし、何本か木を切り倒す経験を積んでからクランクイン。ちなみに勇気をしごく凶暴で粗野な先輩ヨキは伊藤英明が演じ、まさに海猿から山猿へと転身。真剣に林業に取り組むシーンは男臭くも色気があり、新たな魅力を放っています。笑いと青春、林業の本気度のさじ加減が絶妙な矢口ワールドはぜひ劇場で!

データ WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

  • 監督矢口史靖
  • 出演染谷将太、伊藤英明、長澤まさみ、優香、西田尚美、マキタスポーツ、光石研、柄本明
  • 公開2014年5月10日(土)~ ピカデリーほかにて公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。