デート映画一覧
デート映画

アメージングスパイダーマン2

映画館
アメージングスパイダーマン2
おすすめデート映画
写真

アクションもラブストーリーも
進化したスパイダーマン再び!

 2012年に公開し大ヒットした新生「アメージングスパイダーマン」は主人公のピーターがスパイダーマンになるまでの物語が中心でしたが、続編となる本作ではニューヨークを舞台に、よりド派手なバトルが繰り広げられるヒーローアクションとして進化しています。ビルからビルへと華麗に飛び移るスパイダーマンのスィングに大興奮!高層ビルから地上に落ちていくシーンは、手は肘掛けをギュッと掴み、足には力が入ってしまうほどリアルでした。空を飛ぶというより、空を駆け抜けるという表現のほうが正しいかな、何度観てもあの爽快感はやみつきになります。どこに行くにも遅刻なし!ですね。

 さらに今回は、ピーターとその恋人グウェンとの恋の行方「恋バナ」もしっかり描かれています。高校を卒業して2人がそれぞれの道を歩き出すのですが、「僕たちは今後どうなっていくのだろう?」という将来の2人の仲が軸となり、一度別れてみるものの、やっぱり好き、でも決断しなきゃ!という誰もが一度は悩むであろう恋の青春物語が展開していきます。前作で、ピーターの正体を知る、グウェンの警察官の父が勤務中に亡くなる時「グウェンに近づかない」と約束したのにも関わらず彼女と付き合っている自分に揺れるピーター。そんな中、グウェンは夢だったオックスフォード大学への希望の道が開かれていくのです。青春している微笑ましい2人の関係は心から応援したくなります。演じているこのお2人、プライベートでもラブラブなので役と重なっちゃったのかも(笑)。

写真
ストーリー

超人能力を駆使して正義の味方スパイダーマンとして活躍する青年ピーター(アンドリュー・ガーフィールド)。恋人のグウェン(エマ・ストーン)との関係も良好で高校を卒業したピーターだが、彼の旧友であるハリー・オズボーン(デイン・デハーン)がニューヨークに戻ってきたのを機に充実していた生活に微妙な変化が。グウェンとの将来も気になる中、高圧電流を操るエレクトロ(ジェイミー・フォックス)という新たな敵が現れ、苦闘を強いられ・・・。

 もちろん、新たな敵と戦うスパイダーマンの勇姿もカッコイイですよ!最初に登場する敵が、普通の人間から高圧電流男“エレクトロ”に変わってゆく様や、ニューヨークの街灯ビジョンを使って、高圧電流男が追い込まれていくプロセスもしっかり描かれているので、次の展開への期待感も高まるのです。高圧電流VS蜘蛛の糸でどう闘うかも見物ですが、スパイダーマンの状況把握力がスゴイ。蜘蛛の糸じゃ歯が立たないと思い、街の人気者である彼は消防隊員の協力を得てヘルメットをかぶり、自ら水を放出するなどコミカルな姿も見せてくれます。そして、激しいアクションシーン中にも関わらず、軽口を叩くスパイダーマンがさらに敵を苛立たせるというスパイダーマン節が今回も炸裂。お調子者な部分もスパイダーマン=ピーターという等身大のヒーローとしての魅力のひとつですよね。大きなスクリーンでニューヨークの街を駆け巡るスパイダーマンを体感してください。

データ アメージングスパイダーマン2

  • 監督マーク・ウェブ
  • 出演アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、サリー・フィールド
  • 公開2014年4月25日(金)~ ミッドランド スクエアシネマほかにて公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。