お友達映画一覧
お友達映画

白ゆき姫殺人事件

映画館
白ゆき姫殺人事件
おすすめお友達映画
写真

無責任な好奇心と悪意が渦巻く
重層的ゴシップサスペンス!

 年々、SNSの利用者が増えていきますが、企業が告知に使ったり、友だちとのコミュニケーションに利用したりするのはとてもいいツールだと思いますが、犯罪に繋がる場合も少なくはありません。本作は「告白」などの湊かなえの同名小説の映画化で、過熱報道、ネット炎上、口コミの衝撃といった現代社会が抱える闇に焦点をあて、同僚の美人社員を殺害した容疑で疑惑の人となった主人公を中心に、噂が噂を呼び、多くの関係者が翻弄される姿が描かれていきます。まさに今!ならではの映画なのです!

写真
ストーリー

「白ゆき石鹸」で大ヒットした日の出化粧品の有名な美人OL典子(菜々緒)が惨殺死体で見つかった。ワイドショーを制作するテレビディレクターの赤星(綾野)は、典子の後輩で旧友の里沙子(蓮佛)から、同僚の美姫(井上)に疑惑の目が向けられていると聞き、早速事件の情報をTwitterでつぶやき始める。加熱する美姫への報道、心ない噂、思い込み、悪意・・・。取材を進める赤星は次第に何が真実か混乱してしまい・・・・・・。

 事件の始まりは、国定公園しぐれ谷で美人OLの惨殺死体が発見され、事件の夜から行方不明となっていた同僚の地味な女性「城野美姫」に疑いがかけられるところから。テレビ局でワイドショーを制作するディレクター赤星は、その足取りを追って彼女の関係者に取材していきます。熱血報道マンが事件の真相を徹底的に追求する骨太な社会派ドキュメンタリータッチな物語かと思いきや、これがまったく違う。まずこのテレビディレクター赤星がとんでもない男なの!仕事中にTwitterでつぶやく薄っぺらく自分大好き人間。赤星の昔なじみで、殺された美人OLの同僚という里沙子から聞いた情報を、番組の特ダネとして使えると思い、出世のチャンスと飛びつきますが、それだけではなく聞いた情報をTwitterでダダ漏れさせてしまうのです。そこから匿名の人々の勝手な情報や噂が上乗せされて拡散し、さらにテレビのワイドショーが、視聴者が喜びそうなネタだけを都合良く編集したVTRの軽薄なコメントで世間の人々を惑わせていくのです。他人のことだから深く考えずに、昔で言う“魔女狩り”的なことが平気で行われる情報社会の闇。さらに、驚くのは口コミの怖さで、容疑者かも?という美姫の両親も含めた証言の数々。人は都合の良いように記憶を改ざんし、意図的な嘘も入り交じっていくのです。登場人物は赤星以外、全員嘘つきばかりで何が本当か観る側も惑わされてしまいます。マスコミと集団心理の悪意、同時に女性特有のいやらしい“ねたみ”や“嫉妬”も描かれているので、同性ながら女って恐いとつくづく思った(笑)。

 重層的ミステリーを映画化したのは「ゴールデンスランバー」、「奇跡のリンゴ」の中村義洋監督。現実とメディアの連動をリアルに示すため、画面上に浮き出るようにTwitterのつぶやきを並べ、テレビ番組なども徹底的に作り込み、映画的に視覚化する演出がお見事!赤星を演じた綾野くんは“薄っぺらい男”の役作りはかなり難しかったそう。先日の取材で 監督が「綾野くんの“クズ男”ぶりはファンをがっかりさせるかもしれないけど、ごめんね」とおっしゃってました。美姫役の井上真央ちゃんは証言者によっていろんな表情を見せるという、これまた難役を見事にこなしています。殺人事件を巡って徐々に浮き彫りになっていく、驚愕の真実はぜひ劇場で!

データ 白ゆき姫殺人事件

  • 監督中村義洋
  • 出演井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ
  • 公開2014年3月29日(土)~ ミッドランドスクエアシネマほかにて公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。