デート映画一覧
デート映画

ジャッジ!

映画館
ジャッジ!
おすすめデート映画
写真

ブッキーがヘタレ広告マンに!
軽快なテンポの業界コメディ。

 世界一のテレビコマーシャルを決定するサンタモニカ国際広告祭を舞台にした広告業界コメディ。私は広告業界ではないのですが、マスコミ業界も近いものがあるせいか、広告業界の内幕を描いたテンポのいい物語にイチイチ反応してしまって大爆笑でした。一般のみなさんは「広告業界の裏側はこんなんだったんだ!」と驚きと笑いに満ち、今後はテレビCMの見方が変わるかも。広告マンの苦労も理解できて、商品の消費にも繋がったりして(笑)。

写真
ストーリー

世界一のTVCMを決めるサンタモニカ国際広告祭に、名前が似ているという理由で、上司の大滝一郎(豊川悦司)から無理矢理審査員を押し付けられたお人好しの広告マン太田喜一郎(妻夫木聡)。しかもクライアント先のおぼっちゃんが作った酷いCMを入選させるという無理難題のミッション付き。英語が堪能で仕事の出来る同僚の大田ひかり(北川景子)を妻と偽って同行させ、任務に挑むが・・・。

 広告業界のお仕事はざっくり言いますと、企業のチラシやポスター、CMの企画制作を請け負い、依頼された商品の良さを消費者に届けること。本作の主人公はヘタレな広告マン・太田喜一郎。人を感動させるCMを作るために広告代理店に入社しますが、お人好しで押しが弱いのが玉にキズ。そんな喜一郎が上司である、「無茶」と書いて「チャンス」と読め!が口癖のチャラい典型的業界人・大滝一郎のミスを押しつけられ、サンタモニカ国際広告祭の審査員を務めることになります。素人が作った酷い「ちくわのCM」を喜一郎が作ったことにさせられたり、サンタモニカ国際広告祭に至るまでのエピソードもハチャメチャで笑えますが、出発前に審査員経験者である窓際社員・鏡さんに審査員の心得を伝授してもらうシーンが面白い!“簡単な英語のフレーズ”、“ペン回し”、“カマキリのポーズ”、“オタクグッズ”などなど・・・。こんないい加減でいいのかしらと思いきや、実はこの教えこそが後半の伏線となり、喜一郎が各国の審査員の心を掴んでいく重要なポイントです。

 喜一郎を演じるのはどこからどう見てもイケメンの妻夫木聡。好青年、悪役、硬派な役も良いけれど、ヘタレなブッキーが最高にハマリ役。彼を取り巻くのはひと癖もふた癖もある俳優陣で、個性的なキャラクターを演じています。ちなみにサンタモニカ国際広告祭で喜一郎を取り囲む国際色豊かなキャストにも注目です!(笑)本作の脚本はソフトバンクのCM「ホワイト家族」シリーズをはじめ、数々のヒットCMを手掛ける世界的CMプランナーの澤本嘉光。監督も数々の有名CMを世に送り出しているトップクリエーターの永井聡。裏の裏を知り尽くしたこのコンビにしか描けない生のエピソードを投入し、臨場感溢れる密室劇に仕上げました。これぞまさに喜劇の王道です!喜一郎の奮闘ぶりは笑いもあるけどちょっぴり感動もあり。ポジティブ精神がマックスになる2014年の幕開けに相応しい作品ですよ。無茶がチャンスとなるかはぜひ劇場で確かめてね。

データ ジャッジ!

  • 監督永井聡
  • 脚本澤本嘉光
  • 出演妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二
  • 公開2014年1月11日(土)~ ミッドランドスクエアシネマほかで公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。