デート映画一覧
デート映画

トランス

映画館
トランス
おすすめデート映画
写真

ダニー・ボイル監督が誘う
記憶を巡る心理サスペンス

 私が最も愛する監督ダニー・ボイルの待ちに待った最新作「トランス」が遂に日本に上陸!ダニー・ボイルはユアン・マクレガーをスターにした「トレインスポッティング」、そして「スラムドッグ$ミリオネア」でオスカーを獲得し、ロンドンオリンピック開会式の総監督を務め世界中を歓喜に包んだ人物。相変わらず音楽の使い方が上手い!陶酔感をもたらすビート音楽のせいか、冒頭からタイトルの如く“トランス”状態になってしまいました。

写真
ストーリー

ゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を競売中のオークション会場がギャングたちに襲撃される。競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は実はギャングと内通しており、首尾よく絵画を持ち去るが、計画とは違う行動に出てギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に殴られる。しかしその時すでに、絵画は彼が持つケースから消えていた。怒ったフランクはサイモンを拷問するが、彼は殴られた時の衝撃で記憶を失っていた。フランクに命じられ催眠療法を受けることになったサイモンだったが・・・。

 本作は絵画と記憶をキーワードに人間の潜在意識をテーマに作りあげたクライムミステリーですが、今まで見たことのないサスペンスフルな展開と、型にはまらない数分おきのサプライズな演出は、瞬きするのを忘れて見入ってしまうはずです。物語は白昼のオークション会場からゴヤの名画が盗まれるところから始まります。盗まれたのは魔女に抱えられた人間が宙に浮いている光景や、布を被って前が見えない男の姿が描かれている「魔女たちの飛翔」。このゴヤの幻想的な絵画は観た人によって異なる印象を与えますが、本作も登場人物それぞれの記憶によって物語が変わっていくのです。

 消えたゴヤの絵を巡って登場する主要人物は3人。まず1人目は競売人のサイモン。彼はギャングに協力して絵画の強奪計画を手伝いますが、犯行直後の記憶を失くしてしまいます。そしてギャングのフランクと、サイモンの記憶回復の手助けをするセクシーな催眠療法士エリザベス。この主要人物3人が見かけ通りの人間でないというところがミソなのですよね~。その設定だけはダニー・ボイルがユアン・マクレガーと最初に組んだ「シャロウ・グレイブ」に少し似ているかな。最初はサイモンがフランクにいたぶられて“可哀想な人”と思ったんだけど、実はそうじゃなくて、物語が進むうちに予想もしない形になっていくからもうビックリ。この三者の駆け引きでせめぎあう様は観る者にかなりの緊張感を与えるんじゃないかな。“もう、どうなっちゃうのよ!”と観賞中に心の中で何度叫んだことか(笑)。主要キャストたちは撮影前に催眠療法を試したそうで、いつも誰かのフリをしている子供や俳優はかかりやすいそうです。劇中のトランスシーンがリアル過ぎたけど、もしかしてマカヴォイとヴァンサンは催眠状態で演じたのかしら!?映画を観た後、同伴者とおしゃべりが止まらなくなる作品です。

データ トランス

  • 監督ダニー・ボイル
  • 出演ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ
  • 公開2013年10月11日(金)~ 伏見ミリオン座ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。