お友達映画一覧
お友達映画

そして父になる

映画館
そして父になる
おすすめお友達映画
写真

福山雅治が父になる日が!?
世界が注目した衝撃の感動作

 カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞し、拍手喝采を浴びた是枝監督の最新作。本作で主人公を演じた福山雅治さんとは受賞直後にお会いした際に「おめでとうございます!そして父になる、見ましたよ」と少し感想を延べたらすごく嬉しそうでした。福山さんはいつか是枝監督と仕事がしたいと自ら申し出ていただけあって、その笑顔から察するに、ご本人もかなり満足のいく演技が出来たのではないかと確信しました。

 6歳になる息子は病院で取り違えられた他人の子だった。それは人生に勝ち続けてきたエリートの男に突然降りかかった事件。実の子か、育ての子かどっちを選ぶのか。迫られる非情な選択に自分だったらどうする?と問い掛けながら見入ってしまいました。また、2つの家族を見ていると、親子の絆は血の繋がりなのか、それとも時間の経過なのかを考えさせられ、そして最終的には「家族って何?」と誰もがぶつかる自分の問いへと変わっていくのです。

写真
ストーリー

エリートサラリーマンの良多(福山雅治)は、ある日病院からの連絡で6歳になる息子が取り違えられた他人の子であると知らされる。「母親なのになぜわからなかった」と妻のみどり(尾野真知子)を罵る良多。相手方の父・斎木雄大(リリー・フランキー)とその家族に戸惑いながらも交流を始める良多とみどり。斎木家族の粗野で品のない言動が気に入らない中、ついに息子の“交換”が始まって・・・。

 2つの家族。福山雅治が演じる良多はエリートサラリーマンで、人生を勝ち続けた人物。息子にももちろん英才教育を取り入れています。かたや、リリー・フランキー演じる斎木雄大は町の小さな電気屋さん。住居兼店舗に住んでいて、決して裕福とは言えない暮らしを送っています。物語のポイントは、子供を取り間違えられた、性格も環境も全く違う“2人の父親”。監督は、福山さんが演じたプライドが高く人を見下している良多を撮るにあたり、“福山さんはどう見てもかっこいいので、とにかくいかにかっこ悪く撮るか”を研究したそうです。物語が進行し、徐々に良多のプライドがズタズタになっていく様は見事だったなぁ。リリーさん演じる雄大は、見た目からして格好良くない(失礼)。でも子供といる時間を大切にするなど父親の能力はかなり高い。良多は6年間一緒にいた息子をいとも簡単に交換するのですが、血の繋がった子供との接し方に戸惑ううちに、父親としてなにか自分に足りないと言うことに気がついていくのです。その失意あふれる表情に胸が締め付けられそうになりました。また、両家族の子供たちの自然な演技もいい!前作「奇跡」と同様に、子役には台本を渡さず人物設定と場面説明だけをし、セリフはその場で監督が伝えるという方式で彼らの表情を素のまま捉えるのに成功しています。2つの家族の対比は住まい、衣装や美術、持ち物などで、見るからに格差がわかるんです。環境によってこんなに子供の育ち方が違うというのも興味深いですよ。

データ そして父になる

  • 監督是枝裕和
  • 脚本是枝裕和
    編集:是枝裕和
  • 出演福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー ほか
  • 公開2013年9月28日(土)~ ミッドランドスクエアシネマほか全国先行上映中
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。