お友達映画一覧
お友達映画

タイピスト!

映画館
タイピスト!
おすすめお友達映画
写真

女子の夢と憧れがつまった
スポ根系エンターテインメント

 昨年の大ヒット作「最強のふたり」に続いて、本年度フランス映画祭観客賞を受賞した本作。映画が始まると同時に50年代にタイムトリップ!カラフルでチャーミングな物語はぜひオピ・リーナ読者に観て欲しいこの夏1番のオススメです。

写真
ストーリー

フランスの田舎に暮らすローズ(デボラ・フランソワ)は都会で素敵な仕事に就きたいと夢見ていた。ある日、念願叶って保険会社を経営するルイ(ロマン・デュリス)に秘書として雇われるが、ドジで不器用なローズは一週間でクビ宣告を受ける。ところがローズの唯一の才能であるタイプライターの早打ちを見抜いたルイは“タイプライター早打ち大会”の世界大会で優勝すればクビは取り消すと提案し、猛特訓を始めるが・・・。

 1950年代の女性が憧れた職業No.1は秘書。その中で1番高いステイタスを得られるのが当時大流行した“タイプライター早打ち大会”で優勝すること。いやはや、タイプライターの世界大会があったとはビックリで、しかも大会の白熱シーンは思わず手に汗を握るくらい大興奮なのです。また、まるでファッションショーのようにシーン毎にローズのお洋服が替わるのですが、それが全部キュート!髪型もメイクも小物使いも全部真似したくなります。50年代カルチャーがたっぷりつまっているので、スクリーンの隅々まで楽しめると思いますよ。私のお気に入りは、キーが赤、青、黄色・・・など色分けしてある練習用のタイプライター。そして、その色に合わせて全指違う色に塗ったネイルが今年っぽいのです。もちろん真似しましたよ(笑)今はパソコン時代だけどリズミカルなタイピング音に魅せられてしまい、タイプライターも欲しくなっちゃいました。

 ちなみにローズはオードリー・ヘプバーンの大ファンという設定なので、お部屋にポスターが貼ってあるの。そのポスターのヘプバーンポーズをローズが真似る姿がとっても可愛いかった。物語の展開は、ローズは天然キャラで、タイプの早打ちしか取り柄がない。タイプライターの大会に出て世界の女王を目指すというサクセスストーリーなのですが、タイプライターの敏腕コーチというのが彼女を雇った保険会社の社長ルイ。元スポーツ選手で様々な大会に出場していた頃の情熱が呼び起こされたのか、鬼コーチとしてローズを指導していくのです。厳しい練習に耐えつつもローズがルイにほのかな恋心を抱くという少女漫画的な設定もキュンキュンしちゃいます。「アーティスト」「オーケストラ!」のスタッフが贈るかつてないお洒落で新しいエンターテインメント。女友達と観た後は、恋に、ファッションにと、話が尽きないかも!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ タイピスト!

  • 監督レジス・ロワンサル
  • 脚本レジス・ロワンサル
  • 出演ロマン・デュリス/デボラ・フランソワ/ベレニス・ベジョ
  • 公開2013年8月17日(土)~ 伏見ミリオン座ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。