お友達映画一覧
お友達映画

モンスターズ・ユニバーシティ

映画館
モンスターズ・ユニバーシティ
おすすめお友達映画
写真

モンスター達の青春物語。
ポジティブなマイクに注目!

 ディズニー/ピクサーのアイディアは毎回感心しますよねぇ。車、オモチャ、ゲームなど身近にある「物」たちの世界を描き、観た後はその「物」たちがすごく愛おしくなり大切にしたいという気持ちにもさせてくれる。2001年度にアカデミー賞を受賞し、大ヒットした「モンスターズ・インク」は、人間界とは違う時空を描いたモンスター界のお話。子供のころ物音や何となく誰かがいる気配がする経験は、一度くらいはあると思いますが、それが幽霊でも悪魔でもなくキモカワなモンスターだったらというこの発想!子供部屋にあるクローゼット扉の奥はモンスター達が暮らす世界と繋がっているとは、なんとも夢のあるお話ですよね。

 2001年に公開された前作をちょっと振り返ってみます。「モンスターズ・インク」は人間の子供の悲鳴を集め、灯りや動力など生活に必要なエネルギーにして世界に供給する会社。(なんともエコな発想!)そこに勤める“怖がらせ屋”NO.1のサリーとマイクは名コンビでいつも行動を共にし、せっせと子供達から悲鳴を集めていたのですが、ある日大事件に巻き込まれ・・・というのが前作。

写真
ストーリー

小学生の頃から怖がらせ屋になることを夢見て、努力の末に名門「モンスターズ・ユニバーシティ」に入学したマイク。頭は良くても外見が可愛いので実力主義の学長から怖がらせ屋に向いていないと宣告される。悩むマイクの前に現れたのは、天性の素質があり、自信過剰になっているサリー。努力家のマイクと怠け者のサリーの仲は最悪。学部を追放されたマイクは起死回生のある作戦に思いつき仲間を集めて行動に移すが、彼の一途な想いがモンスター界のタブーを破り、史上最悪の事件を巻き起こしていく・・・。

 今回は、全モンスターの憧れでもある優秀な“怖がらせ屋”を輩出している名門校「モンスターズ・ユニバーシティ」が舞台。今では大親友のサリーとマイクの出会いから始まります。自信過剰で名家出身のサリーと、可愛すぎて怖くないルックスですが、怖がらせ屋になるため人一倍の努力をするマイクはまったく真逆な性格で犬猿の仲。そんな2人がいつしかお互いの欠点を補いながら大学生活の中で愛すべき学友達とともに成長していく姿を描いていくのです。

 モンスターの大学は人間と同じく、学食もありレクリエーションもあり、学部も怖がらせ学部だけじゃなく、エネルギー缶を作る工学部や子供部屋に直結するドアを作る理学部、学祭を主催する社交部などがあったりと本格的。そこに通ういろんな形をしたモンスター達を見るだけでも楽しめちゃいます。

 前作の宿敵トカゲのランドールとライバルになった経緯や、「モンスターズ・インク」に就職したワケなどトリビア的なエピソードも満載でなので、シリーズファンには納得の場面が盛りだくさん散りばめられているのもポイントです。もちろん初心者にもわかりやすいので、本作を見てから前作を見てもOKですよ。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ モンスターズ・ユニバーシティ

  • 監督ダン・スカンロン
  • 出演(声)ビリー・クリスタル(マイク)、
    ジョン・グッドマン(サリー)
    (日本語吹き替え版声)田中裕二(マイク)、石塚英彦(サリー)
  • 公開2013年7月6日~ ミッドランドスクエアシネマほかで2D/3D公開
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。