お友達映画一覧
お友達映画

中学生円山

映画館
中学生円山
おすすめお友達映画
写真

宮藤官九郎最新作
中学生の爆笑“妄想劇”

 NHKテレビ小説「あまちゃん」の脚本など、今やノリに乗っている宮藤官九郎。長編監督作品3作目となる本作は、謎のシングルファーザーと中学生男子の超妄想活劇。この映画は青春物でもありヒーロー物、日常的な団地の群像劇、ハードボイルドな復讐劇もありと、それはもう予想不可能な展開が続き、さらには宮藤監督流のユーモアも炸裂。テンポ良く描かれる妄想世界と現実のさじ加減が抜群なのです。

 主人公の中学二年生の克也は、家と会社を往復するだけのマジメな父、韓流ドラマにハマっている母、恋をしたい小学生の妹という平凡な家庭で育っているんですが、彼は体を柔らかくするためにレスリング部に入り、自主トレに励んでいます。それはあるエッチな目的を達成するためなのですが、限界まで背骨を曲げると、痛みと共に妄想の世界にトリップしてしまうのです(笑)。まず、男性なら克也の“自主トレ”は、一度は経験したことがある、もしくは考えたことはあるはずです!!私は鑑賞後に10人の男性に聞き取り調査をしたところ、10人中7人が「やったことある」と激白(笑)。中学二年生といえば女子も妄想ばっかりしていましたよね・・・?(笑)

写真
ストーリー

中学二年生の克也(平岡)は、とあるエッチな目的を実現させるために毎日のように前屈運動“自主トレ”に励んでいる。彼の住むマンモス団地の上の階にシングルファーザーの下井(草彅剛)が引っ越してくるが、その自主トレを見抜いたかのような言葉を下井にかけられ克也はパニックに。そのころ近所では殺人事件が勃発し、克也は下井が殺し屋ではないかと大妄想!下井に近づき妄想ノートを見せるとなぜか意気投合し彼の妄想はエスカレートしていく。

 先日、監督にインタビューしたのですが、「今の子は塾やゲームで忙しいけどボクたちの頃は暇だったから妄想時間も多かったんじゃないかな。ボクは田舎育ちだから、自分だったらこうする、あーするとか妄想が止まらなくて頭がおかしいんじゃないかと思ったけど、それが今の仕事に繋がっているんだと思います(笑)」とのこと。なるほどね、中学生克也は妄想少年だった監督自身の物語といっても過言ではないのかも!

 様々な人間ドラマの中で特に私のお気に入りは、克也の母が韓国スターにときめく話と、妹が近所のおじいちゃんと交際する話、あとは克也の妄想の中のキャラ。とにかく、克也の妄想の世界には“変人キャラ”がワンサカ登場。それを草彅剛や韓国のトップスターヤン・イクチュンが演じているのがスゴイ!珍妙な特撮ヒーローキャラ、元韓流スターで電気屋を装ったスパイ、団地に住む認知症のフリをするおじいちゃん、爽やかな笑顔が怪しいシングルファーザー下井など、見る側も妄想と現実が入り交じり大忙し!!後半から下井の過去が明かされるという展開になり、感動的なオチも用意されていますよ。妄想は脳の活性化にも繋がるはず。宮藤監督の妄想ワールドをぜひ体験して!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 中学生円山

  • 監督宮藤官九郎
  • 脚本宮藤官九郎
  • 出演草彅剛/平岡拓真/仲村トオル/
    坂井真紀/ヤン・イクチュン/遠藤賢司/
    田口トモロヲ/岩松了/YOU
  • 公開2013年5月18日(土)~109シネマズ名古屋ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。