デート映画一覧
デート映画

天使の分け前

映画館
天使の分け前
おすすめデート映画
写真

スコッチウィスキーがもたらす
出会いと人生の大逆転!

 イギリス労働者階級の物語を得意とするケン・ローチ監督の新作「天使の分け前」は2012年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した青春ドラマ。舞台はスコッチウィスキーの故郷スコットランドで、トラブルメーカーの若者が仲間や指導員との出会いによって、人生を再生していくさまをコミカルに描いていきます。

 厳しい現実を一生懸命生きているのになかなか這い上がれない主人公ロビーと欠点だらけの個性的な仲間たちですが、それぞれ意外な才能を発揮して周りを驚かせるなど、描かれるエピソードはどれもこれも人間味に溢れユーモラス。ずっとクスクス笑いっぱなしでした。
 そんな彼らの人生の立て直しのきっかけとなるのが「スコッチウィスキー」なのです。あることをきっかけに主人公のロビーが奥深いウィスキーの世界に興味を持ち始めるのですが、ロビーと同時に見る側もウィスキーの魅力にはまっていきます。

写真
ストーリー

スコットランドのグラスゴーに住む若者ロビー(ポール・ブラニガン)は、少年刑務所を出所したばかり。恋人と生まれてくる子供のために人生を立て直したいと思うが、職も家もなく、おまけに親の代からの宿敵にしつこくつけ回されている。絶望の中、ロビーはウィスキー愛好家の指導員ハリー(ジョン・ヘンショー)と出会い、ある才能に目覚めて自信を持ち始めていく。

 そういえば、ワイン愛好家は山ほどいて映画にもなっているのにウィスキー映画はあまり聞いたことがないですよね?本作では、そんなまったく知らなかった「スコッチウィスキーの世界」が描かれているのも面白い。
 例えば、タイトルにもなっている『天使の分け前』は、蒸留酒を貯蔵熟成中に、樽から年に2%ほどが蒸発していくのですが、その2%部分のことを言うそうです。10年もの、20年ものと年数を重ねる事にウィスキーは味わいを増し、天使の分け前も増していきます。映画を観ながら思わず、「へぇ~」と感心しまくりでした。またロビー達が蒸留所を見学するシーンもあり、映画を通してウィスキーの仕込みから仕上げまでの様子も知ることも出来ます。

 つまずきながらも前に進むロビーのように、ありふれた日常の中にも小さな幸せ、天使がいる!と思うと次の日から元気が出ます。映画を観た後は爽やかな気分で、ウィスキーを呑みながら映画談義などいかがですか?(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 天使の分け前

  • 監督ケン・ローチ
  • 出演ポール・ブラニガン/ジョン・ヘンショー/ウィリアム・ルアン/ガリー・メイトランド
  • 公開2013年4月20日(土)~ 伏見ミリオン座にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。