イベント&アート一覧
名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展
おすすめイベント&アート

名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展

 京都の葉茶屋の次女として生まれた上村松園(1875-1949)は、母親の後押しもあり画家の道に進み、10代半ばにさまざまな展覧会で受賞を重ねるなど、早くからその才能を開花させました。日本画家の鈴木松年、幸野楳嶺に師事したのち、京都画壇の中心画家で、兄弟子でもあった竹内栖鳳に就き、明治・大正・昭和と日本の「美人画」の歴史に残る数々の傑作を世に送り出しました。

 本展は、女性初の文化勲章受章者で日本の女性画家を代表する上村松園の、名古屋市内では初となる本格的な回顧展です。74年の生涯をひたすら絵の道に捧げた松園の画業を、今なお人々の心を魅了してやまない、清らかで気品に満ちた約90点の作品で紹介します。※会期中展示替えがあります。

データ名古屋市美術館開館25周年記念 上村松園展

  • 開催日時2013年4月20日(土)~6月2日(日)
    午前9時30分~午後5時、金曜日(5月3日[金・祝]を除く)は午後8時まで、入場は閉館の30分前まで
    休館日:毎週月曜日(4月29日[月・祝]、5月6日[月・振休]は開館)、4月30日[火]、5月7日[火]
  • 会場名古屋市美術館(名古屋市中区栄2-17-25[芸術と科学の杜・白川公園内])
  • 料金一般1,300円(1,100円)、高大生900円(700円)、小中生500円(300円)
    ()内は前売り・20人以上の団体料金
  • 主催名古屋市美術館、中日新聞社
    協賛:アイシン・エィ・ダブリュ
    特別協力:公益財団法人松伯美術館
  • 問合せ名古屋市美術館 052-212-0001