お友達映画一覧
お友達映画

のぼうの城

映画館
のぼうの城
おすすめお友達映画
写真

時代劇に留まらない笑いと感動
の歴史エンターテインメント!

 戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の20,000人の大軍に屈せず、たった500名の兵で抗戦、勝利した実在の武将・成田長親。この戦乱に埋もれた驚きの実話がついに解禁となりました。石田三成が「忍城」相手に仕掛ける水攻め戦術、両軍の愛すべきキャラクターたちが織りなす濃厚な人間ドラマなど、その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の時間を費やしました。日本を代表する二大監督『ゼロの焦点』の犬童一心と『日本沈没』の樋口真嗣という異色のダブル監督で映像化に挑み、興奮と感動のスペクタクルエンタテインメントを生み出したのです。

 本作のおもしろさは豊臣秀吉の天下統一に向けた最後の闘い「小田原合戦」の裏で行われていた忍城攻防戦にスポットを当てたところ。そしてなんといっても主人公の成田長親のキャラクターですね。農民や子供たちからのぼう様(でくのぼうの意味)と呼ばれるお気楽者で、武将らしさはないけれど、自由で素直な心で人を惹きつけまとめてしまう人物像。家臣もあきれるほどののんきさに、ついつい笑ってしまいます。

写真
ストーリー

天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中に最後まで落ちなかった武州・忍城があった。その城には領民からでくのぼうを揶揄した“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。秀吉は2万の軍勢で攻撃を開始するが、文字通りの“でくのぼう”のような男の長親は、その40分の1の軍勢で迎え討とうとする。

 のぼう様こと成田長親を演じるのは狂言界の至宝、野村萬斎。前半、戦いが始まったというのに何をするでもなく、ひょうひょうとした立ち居振る舞いですが、石田軍の水攻めに遭い絶体絶命を迎えた時、のぼう様の隠れていた将器が開花し、意表を突く奇策が飛び出します。まさかの“田楽踊り”が感動的でした!これは萬斎さんにしか出来ない役どころです。

 実は、成田長親は映画で描かれた合戦の後、出家し放浪の旅に出て、映画では夏八木勲が演じる明嶺理察和尚のいる尾張で亡くなりました。
 終の住処が尾張とは、このエリアにとてもゆかりのあるお方なんですね。菩提寺となる大須の大光院では先日、両監督の会見が行われました。ダブル監督といってもパートを分担させたわけでもなく、全シーンを一緒に演出。お互いリスペクトし合う2人は、漫才の掛け合いのようにアイデアが出てきたそうです。お互いをフォローすることで失敗がなかったと語っていました。しかし、監督達が楽しそうに軽装に兜をかぶって登場したときは、司会をしていた私も思わず噴き出しちゃいました! 間違いなく2人の仲の良さがこの映画を面白くしていますね。
 豪華キャストも見どころで、女子トークでは「誰が上司ならついて行く?!」なんて話しで盛り上がること間違いなし。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ のぼうの城

  • 監督犬童一心/樋口真嗣
  • 出演野村萬斎/榮倉奈々/成宮寛貴/山口智充/上地雄輔/山田孝之/市村正親/佐藤浩市
  • 公開2012年11月2日(金)~ミッドランドスクエアシネマほか全国東宝系
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。