お友達映画一覧
お友達映画

新しい靴を買わなくちゃ

映画館
新しい靴を買わなくちゃ
おすすめお友達映画
写真

舞台はパリ。靴が導くとびきり
ロマンチックなラブストーリー

 パリの街角で偶然であった男女が二人だけの特別な三日間を過ごす・・・。旅先での出会いの映画と言えば「恋人たちの距離」とか「バクダッドカフェ」などが有名ですが、日本の映画でも素敵な物語が誕生しました。
 主演である中山美穂と恋愛ドラマの神様とよばれる脚本家北川悦吏子との会話のなかで生まれたオリジナルストーリー。そして、プロデューサーは映画監督の岩井俊二(現在久しぶりの新作「ヴァンパイア」が公開中)。名作「love letter」以来の岩井俊二監督と中山美穂の顔合わせというのも話題になっています。

写真
ストーリー

カメラマンのセン(向井理)は、妹のスズメ(桐谷美玲)に無理矢理連れてこられたパリで一人置き去りにされてしまう。そこで出会ったのは日本人向けフリーペーパーの編集者アオイ。センのパスポートを踏んづけて転んだ際に靴のヒールを折ってしまう。センがヒールの応急処置をしたことをきっかけに、会話を交わす中で急速に距離を縮めていく。

 映画ではパリの街が効果的に使われながら、主人公ふたりの凝縮された三日間が表現され、いますぐにでもパリに行きたくなってしまいます。ヒロインのアオイが日本人でありながらもパリの街に馴染んでいるのは、パリ在住の中山美穂さんだからこそ。撮影現場には自宅から通ったとか。また、映画の冒頭でアオイが電話越しのセンにパリを案内するシーンがあるのですが、実際に中山さんは友人が日本から来たときには、同じように街の観光案内をするそうです。
 日本映画としては異例のオールパリロケが行われ、二人が出会うノートルダム寺院、セーヌ河、昼と夜のエッフェル塔、コンコルド広場、ポン・マリーといった名所はもちろん、路地のパン屋さん、地元の人で賑あうレストランやバー、アオイのアパートメントなど生活に密着した場所も登場し、映画を観ながらパリで恋に落ちた気分に浸れます。

 一足の靴がキーとなり、とびきりロマンチックな恋が展開する本作。靴とバッグはいくらでも欲しいのが女性ですよね!とくに、靴はその日の気分の決め手になる。たとえばお洋服と違和感のある靴を選んでしまった日の悔しさは言葉では表現できないくらい。今回、アオイが履いている靴は「ロジェ・ヴィヴィエ」で雑誌「エル・ジャポン」がスタイリングしています。

 「恋に落ちる相手が向井くんなんて現実ではあり得ない~」と言わず、2時間たっぷりキュンとした恋旅行にお出かけしてみませんか?(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 新しい靴を買わなくちゃ

  • 監督北川悦吏子
  • 脚本北川悦吏子
    プロデュース/岩井俊二
  • 出演中山美穂/向井理/桐谷美玲/綾野剛
  • 公開2012年10月6日(土)よりピカデリー、109シネマズ名古屋ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。