お友達映画一覧
お友達映画

桐島、部活やめるってよ

映画館
桐島、部活やめるってよ
おすすめお友達映画
写真

桐島に全員振り回される
かつてない青春群像劇の快作

 早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した、朝井リョウの同名小説を映画化。
 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消してしまいます。

 生徒の誰かが言った「桐島、部活やめるってよ」の何気ない一言が、若者たちの学園生活にゆっくりと波紋を広げてゆくという青春群像劇。こんなに刺激的でミステリアス、かつリアリティのある学園ドラマは今までみたことがありません。とにかく面白くて何度も繰り返し見たくなる作品です。

写真
ストーリー

高校の映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たない人物。そんな彼の学校の生徒たちは金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、暇を持て余す帰宅部はおしゃべりをするなど、それぞれの日常を過ごしていた。そこに学校で一番人気のバレー部キャプテン桐島が退部するという噂が流れ、生徒達の間に動揺が広がっていく。

 映画のタイトルになっている「桐島」という生徒は作品中に一度も登場しない。映画を観ながら映画の解説を何度も見直してみたけど、誰が演じているのか、役名すら書いていない。物語が進行すればするほど、「桐島って誰?」「桐島ってどんな子?」「誰が演じているの?」と、登場人物と同様に、観る側も最後まで桐島に振り回されます。

 また、時間軸と視点を変えて、同じシーンを何度も繰り返して進んでいくストーリーが秀逸。原作は各章を別々の主人公に語らせていきますが、映画は桐島が忽然と消える金曜日から始まる5日間を、それぞれの視点で繰り返し描いていく。例えば、主演の神木くん演じる映画部の前田にとっての金曜日、バトミントン部のかすみにとっての金曜日、といった具合に。同じ日の同じ学校という限られた時空にあっても、それぞれに訪れるドラマは違うし、桐島の退部への感じ方も異なるというわけ。

 さらに、桐島不在によって、各登場人物のキャラクターや人間関係が浮かび上がり、高校生たちの日常の裏側に潜む深層心理の描きかたもウマイ! 部活への情熱、片想いの恋、そして様々なコンプレックスを抱えた十代の日常はとてもリアリティがあり、自分の青春時代の記憶が蘇りました。

 彼らにとっての価値観の頂点であり理想型が、学園のカリスマである桐島という生徒なので、彼の行動すべてが学校中の噂になる。まだネットも携帯もないころの私の高校時代は、このような“事件”は日常茶飯事だったと思います。 天才子役から大きく成長を遂げた神木隆之介をはじめ、メインキャストだけでも10人以上いる若手キャストの熱演も見応え十分ですよ。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 桐島、部活やめるってよ

  • 監督吉田大八
  • 原作朝井リョウ
  • 出演神木隆之介/橋本愛/清水くるみ/大後寿々花/東出昌大
  • 公開2012年8月11日(土)~TOHOシネマズ名古屋ベイシティほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。