デート映画一覧
デート映画

ヘルタースケルター(R15+)

映画館
ヘルタースケルター(R15+)
おすすめデート映画
写真

あの伝説のコミックが最強の
キャストとスタッフで蘇る!

 今年一番スキャンダラスな映画として話題を呼んでいる本作。沢尻エリカの映画復帰作として、映画ファンの間でも話題になることが多く、観るべきかどうかよく聞かれますが、「観るべき!」と答えています。それは、監督やキャストたちの熱意を感じられる作品だから。

 主人公「りりこ」は、芸能界の頂点に立つトップモデル。しかし実は、目と爪と髪と耳とアソコ以外は、すべて作り物の全身整形。大衆の悪意と欲望にまみれながら、やがて整形の後遺症に苦しむようになる。

 原作は岡崎京子の傑作コミックで、内容は衝撃的、人間の本質的な欲深さ、業や愛おしさが描かれています。岡崎さんはこのコミックを書いた直後に交通事故に遭い今も闘病中なのです。

写真
ストーリー

芸能界の頂点に立ったトップスターりりこ(沢尻エリカ)。雑誌、テレビ、映画など日本中はどこを見てもりりこ一色!しかし、彼女は“全身整形”という誰にも言えない秘密を抱えていた。整形手術の後遺症がりりこの身体を蝕み始めたころ、その秘密は世の中を騒然とさせる事件へと繋がっていく。

 監督は「さくらん」以来二作目の映画監督となるフォトグラファーの蜷川実花。監督はぞっとするような闇や、死と隣り合わせの生き方の美しさを描ける人。沢尻エリカをキャスティングしたのは、女性の持つ驚くほどのか弱さと、ずうずうしいほどの逞しさの両面を持つ主人公を演じられるのは、この人しかいないと思ったからだそうです。

 その期待に応えるかのように、エリカ様は、次から次へと後輩達がでてくるプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、歓声と罵声をあび、世の中に消費されていくりりこを見事に演じきっています。

 監督の人脈で集まったキャスト陣も豪華!美容クリニックによる不法取引事件を追う検事に大森南朋、りりこの言いなりになってしまうマネージャーに寺島しのぶ、その彼氏に綾野剛、モデル事務所の社長桃井かおり、事務所の後輩で美しいモデルに水原希子。オカマのヘアメイクに新井浩文、美容クリニックの院長には原田美枝子、ほか鈴木杏、寺島進、哀川翔とすごい面々でビックリ&嬉しい!

 りりこの部屋は監督らしい極彩色のインテリアで彩られ、細部の小物まで美意識が貫かれています。いくつもぶらさがるシャンデリア、数多くのクッション、角の生えたうさぎのオブジェや奇妙な絵。私生活でも常にトップスターを演じているクレイジーなりりこにぴったりなインテリア。これは監督の私物がほとんどだということで、撮影現場は居心地がよかったけど家に帰るとなにもなくて寂しかったとか(笑)。

 冒頭から刺激が強すぎるかもしれませんが、男性に「女」という生き物を理解していただくためにも、ぜひカップルでみてほしい作品です。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ヘルタースケルター(R15+)

  • 監督蜷川実花
    原作 : 岡崎京子
  • 出演沢尻エリカ/大森南朋/寺島しのぶ/桃井かおり/綾野剛/水原希子/新井浩文/寺島進/哀川翔/原田美枝子
  • 公開2012年7月14日(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。