お友達映画一覧
お友達映画

ワン・デイ 23年のラブストーリー

映画館
ワン・デイ 23年のラブストーリー
おすすめお友達映画
写真

男女間の友情は成立する?!
ふたりの23年間を綴る物語

 各国でベストセラーとなった小説を、原作者であるデイヴィッド・ニコルズ自身による脚本で映画化。真面目でしっかり者のエマと、自由奔放で恋多き男デクスター。お互いにひかれあいながらも、愛情ではなく友情の道を選んだ二人の23年間を、はじめてであった記念日である “7月15日”にスポットをあて、その積み重ねを描くラブストーリー。

 前半は、エマとデクスターの関係にヤキモキしながらみていました。出会ったときに恋心があったにもかかわらず、なぜ二人は友人でいることを選んだのだろう。それぞれに恋人がいるわけでもなく、一緒に旅行に出かけたりするのに、なぜに親友という関係に拘ったのか。私なりに分析するとエマは母性が強く、デクスターのすべてを受け入れてしまい、本音が言えなくなってしまったのではないかと思います。前半、エマはずっと彼だけを見ているのに、気がつかないふりしているデクスターにちょっとイライラしたけど、後半は友情と恋愛の分かれ目を迎えた23年間の二人の歴史に感情移入して泣けちゃったな。

写真
ストーリー

エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は、親友として23年間一緒に過ごしてきた。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の7月15日にデクスターから、ほかの女性と結婚することを打ち明けられる。そして、何年にもわたる2人の恋の行方を左右する7月15日が訪れるが・・・。

 さて、「男女間の友情は成立するのか?!」。これは永遠のテーマですよね。哀しいとき楽しい時、近くにいて何でも話せる同性の友人以上に親しい異性の友だち。私は昔から男友だち(オカマちゃんも含む)がわりと多いほうだと思いますが、全員に恋愛感情を持っていたら大変なことになってしまう(笑)。一緒にいて楽ちんな男友だちに、それ以上の関係を求めたことも求められたこともないけれど、最近は草食男子、男性のオバサン化により、男女間の友情は成立しやすくなった気がします。

 エマを演じるのはコメディからアメコミキャラまでこなす「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ。デクスターには笑顔が魅力的な「ラスベガスをやっつけろ」のジム・スタージェス。90年代から2011年までの23年間を演じていますが、服装や髪型の変化とその老け方がとても自然なのがよかった。特に歳を重ねる毎に洗練されていくアン・ハサウェイがとても魅力的です。恋愛感情になりたい男友だちを連れて行くと効果アリかも!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ワン・デイ 23年のラブストーリー

  • 監督ロネ・シェルフィグ
  • 脚本デイヴィッド・ニコルズ
    原作 : デイヴィッド・ニコルズ
  • 出演アン・ハサウェイ/ジム・スタージェス/パトリシア・クラークソン/ケ ン・ストット/ロモーラ・ガライ
  • 公開2012年6月23日(土)~TOHOシネマズ名古屋ベイシティほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。