デート映画一覧
デート映画

ドラゴン・タトゥーの女

映画館
ドラゴン・タトゥーの女
おすすめデート映画
写真

40年前の少女失踪事件の闇に
中年記者と天才ハッカーが迫る

 暴力と権力の腐敗を描き、その面白さであっという間にスェーデンから世界へと飛び火したベストセラー小説「ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女」は、2009年に本国スェーデンで映画化され大ヒット。少女失踪が猟奇事件に繋がる極上ミステリーを「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督が再び映画化に挑みました。

 フィンチャー監督と言えば「セブン」「ゾディアック」などサイコ・サスペンスを極め、昨年は「ソーシャル・ネットワーク」で実在の人物を描き新たなジャンルで新境地を開きましたが、再びお得意のサスペンスジャンルに戻ってきました。オリジナルはとても高い評価だったし、その公開から2年という短い期間で2度目の映画化に挑戦ということはかなりのハンディなのでは? と思ったのですが、原作の世界観をしっかり守り、見事にエンターテインメントとしてわかりやすく仕上がっており、独自のスタイリッシュな映像にも惚れボレして見入ってしまった。本編がはじまるとレッド・ツェッペリンの「移民の歌」をナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーがカヴァーした曲が流れ、目に飛び込んできたのは鋭く感覚的でまるで音楽PVのような映像。ゾクゾクするようなこの映像は映画とは別の作品のよう。このオープニングを観るだけでも価値があると思います。

写真
ストーリー

汚職事件の記事を巡る名誉毀損で敗訴した記者ミカエル(ダニエル・クレイグ)の元に、大財閥の元会長からある依頼が舞い込む。40年前に起きた彼の兄の孫娘の失踪事件を探ることになり、ミカエルは一族が暮らす孤島で風変わりな天才ハッカー・リスベット(ルーニー・マーラ)と調査を進めていくうちに衝撃の真実に行き着く。

 本作の主人公ドラゴン・タトゥーの女=リスベット役は、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソンらが熱望しましたが、栄光を手にしたのは大作も、主役もこれが初めてというルーニー・マーラ。監督が何度も繰り返す厳しいオーデションに最後まで耐えまくったという。「ソーシャル・ネットワーク」では主人公の恋人役で登場していましたが、その清楚な雰囲気とはがらりと変わり、過激なヘアスタイルと体中のピアス&タトゥー、ファッションはパンクガールのお手本のよう。容姿は奇抜だけど優秀な頭脳を持ち、辛い過去を抱え必死に生きているという役をマーラは見事に演じ、本年度のアカデミー賞主演女優賞にノミネート。また40年前の少女失踪事件を追う中年モテ男、ジャーナリストのミカエルに「007」シリーズのダニエル・クレイグが扮し、大人の男の色香をプンプンさせています。ボンドよりハマリ役かも! 二人のコンビネーションもバッチリです。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ドラゴン・タトゥーの女

  • 監督デヴィッド・フィンチャー
  • 出演ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・ブラマー
  • 公開2012年2月10日(金)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。