試写会情報一覧
特別試写会「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 ※募集は終了しました
試写会情報
2005年11月に公開され、異例のロングランヒットを記録。日本アカデミー賞をはじめ、数多くの賞を獲得した『ALWAYS 三丁目の夕日』。その2年後には、続編を望む多くの声に応え、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が公開。前作を上回る大ヒットとなり、日本中を感動の渦に巻き込みました。あれから5年――。三丁目の住民たちが、『ALWAYS 三丁目の夕日 ’64』でもう一度スクリーンに帰ってきます!昭和39年(1964年)――東京オリンピックが開催されるこの年。オリンピックを控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていました。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしています。小説家の茶川竜之介は、ヒロミと結婚し、高校生になった古行淳之介と3人で仲良く生活していました。茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを務める居酒屋「新山藤」ができています。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。茶川は、「冒険少年ブック」の看板作家として、連載を続けていますが、新人小説家の作品に人気を奪われつつありました。編集者の富岡から、「もっと新しい雰囲気で」と言われた茶川は、またまたスランプ気味……。そんな折、茶川が隠していた、とある電報をヒロミが見つけてしまいます。果たして電報の主は誰なのでしょう? また、新人小説家の意外な正体とは? 一方、六子の恋の行方は? そして、三丁目の人たちにはどんな未来が待ち受けているのでしょうか?出演は、吉岡秀隆、堤真一、小雪他 2012年1月21日(土)よりミッドランドスクエアシネマ、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ他全国東宝系にて公開 http://www.always3.jp/ 中日新聞 オピ・リーナ特別試写会「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 日時:2012年1月17日(火) 18時00分開場、18時30分開演 会場:名古屋市芸術創造センター(地下鉄東山線「新栄町駅」、地下鉄桜通線「高岳駅」下車) 募集人数:計320組640名 締め切り:2012年1月11日(水)午前9時 応募要項:郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレスを記入 注意事項:※試写状は1枚につき2名様有効※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます※当選者の発表は、試写状の発送をもってかえさせていただきます※試写状の譲渡、及び売買行為は固くお断りいたします 主催:中日新聞、オピ・リーナ 提供:東宝