デート映画一覧
デート映画

コンテイジョン

映画館
コンテイジョン
おすすめデート映画
写真

世界危機はすぐそこ! 超豪華
キャストが見せる感染の恐怖

 マッド・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーンといった、錚々たる演技派スターが勢揃い。監督はスティーブン・ソダーバーグとあれば、オールスターキャスト映画「オーシャンズ」シリーズを思い出します。本作でも数人のキャラクターに焦点を当てていくスタイルで、致死率の高い新種の感染病が世界で大流行するという恐怖のパンデミックサスペンスを、これだけのスターを起用しながらも派手な演出や作り込みを一切排除して描いていきます。

 物語は感染2日目。東京、香港、ロンドンなどで暮らす人たちが未知のウイルスに感染し、それぞれ発症するところから始まります。
 咳や熱、疲労感と初期症状は風邪のようですが、数日後には体調が悪化し死んでしまう。そして感染者と接触した人々もすぐに発病し日を追うごとに犠牲者が増えていくのです。そして世界は崩壊していく。このパンデミック(感染症の世界的流行)の進行状況を医療機関、ジャーナリスト、医師、一般人など様々な視点から描いていく。複数のストーリーラインを並行していくのはソダーバーグお得意のアプローチ。また、ウイルスの発生源を巡るミステリーが描かれていないのが腑に落ちないなと思っていたら、感染1日目の謎が最後に明かされるのです。この秀逸なラストはお見事だったなぁ~。

写真
ストーリー

香港から帰国した妻ベス(グウィネス・パルトロウ)を原因不明の病で失ったミッチ(マッド・デイモン)は、彼女の連れ子も同じ症状で急死するという悲劇に見舞われる。同じ頃、世界各地でベスと同じ症状で死亡する事例が多発。即時に国家と医療関係が調査に乗り出すが、感染は急速に拡大。世界中がパニックに陥ってしまう。

 パンデミックを題材にした物語は数多く、ゾンビ映画、自然災害などもパニック映画の一種。「デイ・アフター・トゥモロー」など派手な映像と感動ストーリーを盛り込んだ作品も多いのですが、作家性の高いソダーバーグ監督はまるで報道するかのように、現実に起こりうる悲劇を、少しザラついた映像と冷徹な視点で抑えていきます。恐怖はすぐ近くまできているのでは?!と感じさせ、観賞中隣の人が咳をする度、私はあわてて口を押さえた。そして帰宅後はいつもより丁寧に手をごしごし洗い、次の日には、インフルエンザの予防接種の予約をした。観客に影響を与える映画としても最高レベルに達しているのではないでしょうか。また、悲惨な出来事を連続して体験した殺伐とした世の中だからこそ、本作の与えるインパクトも大きいと思う。絶望を映し出しながらもモラルを問い、希望や優しさなど見いだしていく人間味ある演出も感慨深かったです。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ コンテイジョン

  • 監督スティーブン・ソダーバーグ
    撮影 : スティーブン・ソダーバーグ
  • 出演マッド・デイモン/ジュード・ロウ/ケイト・ウィンスレット/グウィネス・パルトロウ/マリオン・コティヤール/ローレンス・フィッシュバーン
  • 公開11/12(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。