デート映画一覧
デート映画

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

映画館
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
おすすめデート映画
写真

オーランドが初の悪役に挑戦!
斬新で現代的な冒険劇の誕生

 これまで何度も舞台化や映像化されてきたアレクサンドル・デュマ原作の冒険小説「三銃士」が、『バイオハザード』シリーズで監督を務めたポール・W・S・アンダーソン監督の手によって斬新な冒険作品に生まれ変わりました。

 田舎から出てきた無鉄砲な青年ダルタニアンが主人公。ひょんなことから伝説の三銃士と出会い、4人は若きフランス王を失脚させようとする強敵に立ち向かいます。
 ストーリーは昔ながらですが、映像や設定を現代風にアレンジしているので、あらゆる世代が楽しめると思います。劇中にはレオナルド・ダ・ヴィンチの書いた設計図を基にしたという、飛行船まで登場するんですよ!
 この時代に空中戦があるとは、ド肝を抜かれました!最新技術による、まるで客席に迫ってくるような空中でのバトルシーンの3D映像は迫力満点。

 また、どのキャストも魅力的なのですが、イギリスとフランスの二重スパイ役のミラ・ジョヴォヴィッチが素敵!今回はセクシーショット連続ですが、中性的なのであまりイヤらしさを感じないところがイイのよね。「バイオハザード」シリーズ以降、「闘う女子」のイメージが強かったけど、女を武器に男を手玉にとり、美しい足をむき出しにしながら危険なミッションにも果敢に挑む身体能力を兼ね備えているという、パーフェクトな女性像を体現。プライベートではアンダーソン監督と結婚していることもあり、ミラの魅力を監督は知り尽くしているんでしょうね。まぁ羨ましい・・。

写真
ストーリー

17世紀フランス、銃士に憧れを抱きパリにやってきたダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、気が強く向こう見ずな性格が功を奏し、三銃士の仲間入りを果たすことに。その後、フランス国王側近の裏切りで奪われた王妃の首飾りを取り返すため、イギリスへ向かい、事件の鍵を握るバッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)と正体不明の美女ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と対峙する。

 そして、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ以降、パッとしなかったオーランド・ブルームですが、今回は初の悪役に挑戦。細マッチョなので威圧感はないけど、目的の為なら手段を選ばない自信過剰で派手な「嫌らしい悪い奴」ぶりがハマっていました。オーリー、新しい道が開けて良かったネ。
 そして主人公のローガン・ラーマンが現代っ子らしく、無鉄砲でダルタニアンにぴったり、女の子にめっぽう弱いとこ初々しい。 CG特撮をふんだんに使った本作ですが、剣闘シーンはワイヤーもなくリアルな戦いにこだわったため、ローガンや三銃士役の俳優たちは数ヶ月にも及ぶ剣のレッスンをしたとか。
 93年公開の「三銃士」はいまやジャック・バウワーとしか認識されてない(失礼)、キファー・サザーランドが三銃士のアトスを演じていたんですよ。機会があったら本作と見比べてみるといいかもね。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

  • 監督ポール・W・S・アンダーソン
  • 製作ポール・W・S・アンダーソン
  • 出演ローガン・ラーマン/ミラ・ジョヴォヴィッチ/オーランド・ブルーム マシュー・マクファデイン
  • 公開10/28(金)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。