デート映画一覧
デート映画

探偵はBARにいる

映画館
探偵はBARにいる
おすすめデート映画
写真

異色コンビが放つ
レトロモダンな探偵物語

 東直己(なおみ)のススキノ探偵シリーズが待望の映画化。日本最北の歓楽街を舞台に、しがない探偵の活躍を描いた極上のエンタテイメントです。

 主人公の探偵役にはコミカルテイストもハードボイルドも併せ持つ、北海道出身の役者、大泉洋。酒好きで、美人に弱く、街と仲間を愛する心優しき人物という、人間味溢れる探偵は大泉さんにドンピシャ。
 その探偵のピンチに絶妙なタイミングで駆けつける相棒役には、“ザ・映画人”松田龍平。大学で研究員助手をしながら、たまにアルバイトで探偵の運転手をするというグータラな男を演じていますが、つかみ所がないところが龍平くんにぴったりなのです。へなちょこ男にみえて、実はめっぽうケンカが強いという設定が、すごく映画的。ハードボイルドな物語が進行する中、二人のシーンはなんだか、のほほんとするんだよね。
 とはいえ、東映映画らしく(笑)、想像以上にアクションが多くて、大泉&松田の乱闘シーンは新鮮かつカッコイイのです。このコンビが、事件や謎に命をはって挑む姿には、老若男女誰もが心躍らされるはず。

 インタビューの際、大泉さんに「今回の大泉さん、ハードボイルドでかっこいいですよね!」と感想を言ったら、「ぼくはねぇ~、本当は格好いいんだよ。コミカルなのは演じているだけ、もう疲れちゃってホントの自分を出したんだよ」とニヤリ。いつもお茶目な大泉さんなのです。

写真
ストーリー

札幌・ススキノ。この街を知り尽くした探偵(大泉)は相棒の高田(松田)と いつもBARでいつものように過ごしていた。そこにかかってきた“コンドウキョウコ”という女性からの1本の電話。簡単な依頼だと思い引き受け、実行した直後、拉致され、半殺しの目に遭う。真相を探るうちにいくつもの殺人事件にぶつかり・・・。

 ミステリアスな美女役に小雪、その夫に西田敏行、そのほかにも竹下景子、松重豊、田口トモロヲと、日本映画界を支える俳優陣が脇を固めます。
 謎のヤクザ役の高嶋政伸が、前髪をタラしたヘアスタイルで、薄気味悪い男を怪演。一度見たら忘れられないキャラクターでキモ~イ!

 探偵がいつもいるバー「ケラーオオハタ」は、実在する店舗ではなく、すべてセットです。カウンターをメインとした造りで、ウッディでシックな内装、暖かみを感じる照明は、味わいがあります。棚に並ぶウィスキーは、ボトルの量を減らすため、夜な夜なスタッフによる飲み会があったらしい(笑)。
 昭和の香りが漂う本作は、若い人には新鮮、40オーバーにはジャストミート! カップルでノスタルジックな世界観に酔いしれてください。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 探偵はBARにいる

  • 監督橋本一
  • 原作東直己
  • 出演大泉洋/松田龍平/小雪/高嶋政伸/西田敏行 
  • 公開9/10(土)~ピカデリーほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。