デート映画一覧
デート映画

ライフ ―いのちをつなぐ物語―

映画館
ライフ ―いのちをつなぐ物語―
おすすめデート映画
写真

動物たちの生態に驚くばかり!
奇跡の瞬間を見逃さないで

 超ハイスピードカメラを駆使して撮影された、地球に生を受けたさまざまな動物たちの生きざまに迫る驚異のドキュメンタリー。
 いったいどうやって撮ったの?と聞きたくなるような映像に釘付けになってしまった。全部で15シーンに及ぶ世界で始めて撮影された映像、地球上全大陸、海、空あらゆる生物たちの20にも及ぶエピソードはここでは紹介しきれません。

 製作期間6年という長期にわたるネイチャードキュメンタリーはスタッフの忍耐力、そして運もあるとは思いますが、なんといっても、動物たちと同じ目線でその生態を映し出していることに驚きました。当然ですがVFXは一切なし、すべてリアル映像!新開発のカメラを用いているそうですが、その映像は美しいだけじゃなく、普段見ることの出来ない動物たちのまさに「ライフ」を目の当たりにします。

写真
ストーリー

アザラシやチーター、ハネジネズミ、カイツブリなど、様々な生き物たちが必死に知恵を絞って命をつなぐ姿を追い掛ける。イギリスのBBCが製作を担当し、日本版ナレーションを松本幸四郎と松たか子が務める。地球に暮らす生き物たちの、美しく勇壮な世界初の映像の数々。

 動物たちの真実のドラマは、「我が子誕生、成長のために体を張った母性愛」「最愛の伴侶を射止めるための求愛行動」「狙った獲物を知恵と技術でハンター」「天敵から守るための護身術」など大きく4つに別れています。
 私のお気に入りは、ハネジネズミが自分より動きの速い敵から身を守るために完璧な逃走経路を日頃から考えていること。小さな脳ですがかなりの頭脳派。
 バシリスクというトカゲが水面を走る姿にも感動。スローモーションで流れるのですが短距離走の選手のように美しいフォーム!水面を走るなんて神業ですよ。このような奇跡の瞬間も多数見ることができますよ。

 この映画を観たあとは、動物博士になったかのように、「イルカは片脳ずつ寝るんだよ」「たこは自分の命を犠牲にして子供を一生に一度しか産まないの」「アフリカ象は子供が出来ると雄から離れて、親子はもちろん親戚一同雌ばかりの大所帯で子供を育てるんだって!」などなど、ドヤ顔で友人に自慢しちゃいました。
 大人の私がこんなんですから、子供が見たら大興奮じゃないかな。この映画のメッセージは「つながり」なんですよ。だから夫婦やファミリーで見て、人間も含む生物のつながりを感じ取って欲しいと思います。日本版ナレーションは松本幸四郎さんと松たか子さん親子ですよ。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ライフ ―いのちをつなぐ物語―

  • 監督マイケル・ガントン/マーサ・ホームズ
    案内人:松本幸四郎/松たか子
  • 公開9月1日(木)~ミッドランドスクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。