イベント&アート一覧
名古屋市科学館特別展「黄河大恐竜展」
おすすめイベント&アート

名古屋市科学館特別展「黄河大恐竜展」

アジア最大級!全長27mの巨大恐竜が
新しくなった名古屋市科学館に登場!

 オーロラが見える-30℃の極寒ラボ、120万ボルトの放電を体感できる放電ラボ、9mの竜巻が作れる竜巻ラボなど、ダイナミックな展示が話題の 名古屋市科学館新館 。そのオープンを記念して、今年の夏休みは、中国・甘粛省で今世紀になって発見された白亜紀前期の恐竜を一挙公開する「黄河大恐竜展」が開催されます。目玉は全長27m(学校のプールよりも大きい!)を超えるアジア最大級の竜脚類・ダシアティタンなど日本初公開5体を含む恐竜の全身復元骨格9体。同時期に生息していた鳥類や哺乳類の化石とあわせて60点以上を展示します。

 本展のチケットでは、プラネタリウムを除く全館が観覧可能。前売り券なら、連日混雑している科学館の当日チケット販売窓口に並ばず、朝からスムーズに入館できます。7月中にご来場の、前売り券をお持ちの小中生(先着5000名様)には「恐竜のたまご」のプレゼントもあるので、ファミリーはぜひ前売り券でご来場ください。

詳しくは 公式HP (PC用)をご覧ください。

データ特別展「黄河大恐竜展」

  • 開催日時2011年7月16日(土)~8月31日(水)
    午前9時半~午後5時(入場は午後4時30分まで)
  • 会場名古屋市科学館(名古屋市中区栄2-17-1 白川公園内)
  • 料金一般前売()内は当日料金
    1,000円(1,200円)、高・大生500円(700円)小・中生300円(500円)幼児無料
  • 問合せ名古屋市科学館 052-201-4486