デート映画一覧
デート映画

アンノウン

映画館
アンノウン
おすすめデート映画
写真

全ての予想を裏切る
アクション&サスペンス!

 リーアム・ニーソンといえば、元特殊工作員役で娘を助けるために多勢に無勢をものともせず裏社会の悪党をKOした大ヒット作品『96時間』が思い出されますが、本作でも熟年パワー炸裂で肉弾戦のハードアクションを披露しています。通常ですと、アクション俳優は歳を重ねると芸の幅を広げ演技派に転身するのですが、リーアムの場合は真逆。「シンドラーのリスト」に代表されるように、威厳に満ちた声と風貌を生かし重厚な人間ドラマを中心に活躍していましたが、50代後半にして新境地を開き「96時間」「特攻野郎Aチーム」など豪快な暴れっぷりを見せつけて、すっかり熟年アクションスターの仲間入りをしています。

 今回の役どころは生物学者のマーティン・ハリス。妻のリズと訪れたドイツ・ベルリンで、乗ったタクシーが交通事故に遭い、4日間の意識不明の末、妻のもとへと戻ります。しかし妻はマーティン・ハリス博士を称する別の男性を夫として伴い、リーアム・ニーソンのマーティン・ハリス博士はニセモノで、見ず知らずの赤の他人と言い張るのです!! 果たして、自分の身辺に何が起こったのか?!

 こんな状況下でも、彼はパニックにならず、学者らしく感情に流されずに状況を判断し、その場に適した理性的な態度で相手にリクエストをしていくんです。
 ふと4年前のスペイン旅行の際、パスポートを盗られて警察や大使館などに通い、丸3日拘束された悪夢のような日々を思い出しました。リーアムのような知的な自分証明交渉術を知っていればスムーズに帰国できたかも知れないと思うと悔しいです(笑)

写真
ストーリー

異国で交通事故に遭ったマーティン・ハリス(リーアム・ニーソン)が意識を取り戻すと、誰も自分のことを知らないという。身元を証明する手だてがない中、彼は訳も分からぬまま何者かに命を狙われる羽目に。事故をしたタクシー運転手の協力を得て、マーティンは真相究明に乗り出すが・・・。

 オープニングはいきなり病院のシーンから始まり、先に紹介したような物語は後回しに描いていきます。ですからリーアムは本当にマーティン・ハリス博士ではなくて、事故で錯乱し、妄想を言っているだけにしか過ぎず、妻のリズをはじめとする周囲の人たちが正しいのではないか?! といった憶測を観客に思わせる構成がツボ。ヒッチコック作品の巻き込まれ型サスペンスの雰囲気を漂わせ、観客に先を読ませないワクワクさせる演出が素晴らしいのです!
 派手なアクション描写だけに頼らない、大人も楽しめる上質なミステリー・サスペンスはいかが?(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ アンノウン

  • 監督ジョエル・コレット=セラ
  • 出演リーアム・ニーソン/ダイアン・クルーガー/ブルーノ・ガンツ
  • 公開5/7(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。