試写会情報一覧
特別試写会「八日目の蝉」 ※募集は終了しました
試写会情報
「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした」直木賞作家・角田光代のベストセラー小説、待望の映画化!女として生まれたことの痛ましいまでの哀しみと、それを生き抜く強さを描く、衝撃の人間ドラマ。今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。1985年に起こったある誘拐事件。不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元に戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気付く。相手は希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へ向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。そして、恵理菜の下した決断とは・・・?出演は、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑶子ほか 4月29日(金・祝)よりミッドランドスクエアシネマ、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ他にて公開 http://www.youkame.com/ 中日新聞 オピ・リーナ特別試写会「八日目の蝉」 日時:2011年4月21日(木) 18時10分開場、18時30分開演 会場:アートピアホール(名古屋市中区栄三丁目18番1号ナディアパーク内 デザインセンタービル) 募集人数:計360組720名 締め切り:2011年4月11日(月)午前9時 応募要項:郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレスを記入 注意事項:※試写状は1枚につき2名様有効※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます※当選者の発表は、試写状の発送をもってかえさせていただきます※試写状の譲渡、及び売買行為は固くお断りいたします 主催:中日新聞、オピ・リーナ 提供:松竹