お友達映画一覧
お友達映画

トゥルー・グリット

映画館
トゥルー・グリット
おすすめお友達映画
写真

誰もが楽しめる痛快西部劇
スタインフェルド嬢は必見!

 「ノーカントリー」「ファーゴ」でアカデミー賞、「バートン・フィンク」でカンヌ国際映画祭3冠と、あらゆるジャンルで独自な映像世界を作り上げるジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督初の西部劇。68年に発表された同名小説の二度目の映画化で、ナント! 製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ。 この奇跡のコラボレーションが生んだヒューマンドラマは、先だってのアカデミー賞において10部門にノミネートされました。

 男たちのやや気恥ずかしいやりとりの西部劇は、女性はあまり興味がないかもしれませんが、だからといってこの映画を見逃すのはもったいない。勧善懲悪で誰もが楽しめる痛快な西部劇なのでぜひトライしてみて。

 本作の主人公は荒くれガンマンではなく14歳の少女マティ。大酒飲みの老保安官を雇って、父を殺した犯人を追っていく物語なのですが、このマティの気丈な態度と男前な勇気にしびれちゃいました。

写真
ストーリー

西部開拓時代の末期。マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は父を雇い人の男に殺害される。復讐を誓った彼女は、助っ人として大酒のみだが“真の勇気”をもつ老保安官(ジェフ・ブリッジス)を雇い、犯人追跡の旅に出る。

 殺された父の遺体とともに葬儀屋に泊まったり、子供だと思ってバカにしている馬商人を言い負かして、必要な物をもらう交渉など、マティの男前ぶりが面白くって、冒頭からグイグイ引き込まれてしまいます。
 父の敵を討つために雇った保安官も最初はマティを相手にしなかったのに、その勇気にほだされて彼女を助けることになる。別の容疑で犯人を追うテキサスレンジャーもまた彼女をリスペクト。そして観る側はあっという間に彼女の“強さ”に胸を撃ち抜かれてしまいます。

 この気が強いマティが、初めて敵に銃を向けたとき、うまく撃てなくてドスンと後ろに尻もちをつくなど、か弱い少女という一面も描かれています。銃を持ったことのない少女がいきなり強かったら興ざめですから、そのあたりのリアルな演出はさすがコーエン兄弟、計算していますね。

 このマティを演じた新星ヘイリー・スタインフェルドがすごくいいのです!長編映画初出演とは思えない堂々とした演技で見事アカデミー賞にもノミネート。これは「レオン」のナタリー・ポートマンの衝撃度と同じくらいスター性を感じました。今後ハリウッドを盛り上げてくれるに違いありません。もちろん、保安官のジェフ・ブリッジスの渋さ、レンジャー役のマッド・デイモンの抑えた演技にも惚れ惚れ! 俳優たちの名人芸も堪能してね。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ トゥルー・グリット

  • 監督ジョエル&イーサン・コーエン(製作・脚色)
    製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
  • 出演ジェフ・ブリッジス/マット・デイモン/ヘイリー・スタインフェルド
  • 公開3/18(金)~伏見ミリオン座ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。