イベント&アート一覧
没後120年 ゴッホ展
おすすめイベント&アート

没後120年 ゴッホ展

こうして私はゴッホになった。

 「ぼくは百年後の人々にも、生きているかの如く見える肖像を描いてみたい」

 独特なタッチと劇的な生涯で、世界中でも人気の高いフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)が没し、2010年でちょうど120年目にあたります。その節目に、オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館の協力のもと、ゴッホの世界に迫る展覧会を開催します。

名作の数々を展示するほか、代表作の一つである《アルルの寝室》を実物大で再現し、ゴッホが現実の空間をどのように解釈・表現したかをたどります。また、ゴッホが使用した道具のレプリカを再現し、制作過程を検証します。

 期間中は、講演会や映画上映会など関連イベントも開催します。詳しくは 【イベント情報】 (PC用)をご覧ください。

1890年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)(c)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

データ没後120年 ゴッホ展

  • 開催日時2011年2月22日(火)~4月10日(日)
    午前9時30分~午後5時
    (金・土曜日は午後8時まで開館。入場は閉館時間の30分前まで)
  • 会場名古屋市美術館(名古屋市中区栄2-17-25 白川公園内)
  • 料金一般1,500円 高大生1,000円 小中生600円
    ※前売・20名以上の団体は各200円引き
    ※前売のみの一般平日限定券1,200円もあり
  • 問合せ052-201-3766 (平日10時~18時 中日新聞社文化事業部)

休館日:毎週月曜日 ※ただし3月21日(月・祝)は開館、翌22日(火)は休館