お友達映画一覧
お友達映画

バーレスク

映画館
バーレスク
おすすめお友達映画
写真

世界の歌姫アギレラがL.A.の
夜に輝くパフォーマーを熱演

 グラミー賞4冠に輝く世界トップクラスのスーパーアーティスト、クリスティーナ・アギレラが初主演に挑んだのはセクシーでゴージャスなダンサーたちが創り出す魔法の空間バーレスクの世界。タイトルになっているバーレスクとは、エンタテインメント・クラブの店の名前。
 アギレラのアーティストとしての歌唱力、パフォーマンス力を活かした演技がほんとに素晴らしいのです。胸元を強調したコルセット風の衣装やスパンコールが散りばめられたセクシーなドレスを着て、挑発的な歌とダンスを踊るアギレラに惚れ惚れ。また、ファッションだけではなく、真っ赤な口紅に濃く引いたアイラインと、メイクはセクシー路線一直線! 女として生まれたからには、これだけゴージャスに女の魅力を発揮できれば本望じゃないかしら。

 スターを夢見て、ロサンゼルスにやってきたアギレラ演じるアリが、スターへの階段を上っていく姿を描いた本作。自分の欲望に忠実に生きて成功をつかみ取った主人公のアリは、まさに現代の女子があこがれるヒロインそのもの! 時折見せるあどけない田舎娘の顔が、初主演の初々しい演技にリンクしているので、それが身近に感じられアリにとても共感しました。

写真
ストーリー

田舎育ちのアリ(クリスティーナ・アギレラ)は歌手になる夢を追いかけて、女支配人テス(シェール)が経営するロサンゼルスのバーレスク・クラブで働きはじめます。やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極めていくが・・。

 煌びやかな舞台、圧倒的なパフォーマンス、野心たっぷりのキャラクター、そしてロマンスもありと、女子力の強いサクセスストーリーはどれもがアギレラのステップアップにぴったり! ぜひ今度はオスカーを狙って欲しいデス。

 アギレラ自身、新たな挑戦となる映画だけあって演技や本格的なダンスのレッスンのほか、劇中歌を何曲か書き下ろしたのですが、特に物語の中盤、即興で熱唱する「タフ ラヴァー」は身震いしそうなほどのド迫力! まるでショーをライブで観ている気分になりますよ。

 また、アリを育てるクラブの女支配人テスを演じたのはオスカー&グラミーのW受賞で映画界、音楽界の頂点を極めたシェール! もちろん彼女の美しい歌声も劇中でたっぷり聴けます。新旧歌姫の競演だけでもう私は胸が躍ります!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ バーレスク

  • 監督スティーブン・アンティン
  • 出演クリスティーナ・アギレラ/シェール/クリスティン・ベル/スタンリー・トゥッチ
  • 公開12/18(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。