お友達映画一覧
お友達映画

約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語(PG-12)

映画館
約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語(PG-12)
おすすめお友達映画
写真

最高のワインと濃密な人間模様
芳醇な愛のドラマにドキドキ

 まもなく11月18日にボージョレヌーボー解禁になりますね。ボージョレーはフランス南東部・リヨンの北に位置する丘陵地帯。そのワイン造りはローマ時代から行われていたそうで、解禁日はその年のブドウの出来栄えをチェックするという意味もあるそうです。な~んて、飲む専門のわたしがウンチクを語るなんて10年早いですね。

 さて、ワインに詳しくなくてもブルゴーニュという言葉は知っていると思います。ブルゴーニュ地方のワイン醸造の歴史はボージョレーよりも古く、2世紀から。ワイン界の皇帝と称され、良質なワインの産地とされています。

 本作は、この19世紀のブルゴーニュ地方を舞台に、最高のヴィンテージワインを造るために人生をかけた一人のワイン醸造家ソブランと、彼の美しく情熱的な妻セレスト、誇り高く知的な男爵夫人オーロラ、そしてワイン造りを導く天使のザスとともに30年にわたる芳醇な愛と人生の物語が繰り広げられます。

 醸造家のソブランは、妥協を許さず美味しいワインを作ることはもちろん、同時に3つの愛を手に入れるのです。情熱的で性的な妻の愛。ワイナリーの男爵夫人の愛は知的で自信に溢れ、そして天使の愛はソブラン自身の生を感じる内面の愛。苦悩しながら一つのものごとに命を賭けて打ち込む男性はとても魅力的。そばにいて守ってあげたくなっちゃうのよね。この芳醇な愛のドラマにドキドキしちゃいました。
 それぞれ実力ある俳優たちがひたむきな演技を見せていますが、特に、謎めいた天使のザスを演じるフランス俳優ギャスパー・ウリエルの美しさは圧巻。真っ白な大きな翼をなびかせるその姿は本物の天使かと思うほど、彼の存在はこの映画の大きなアクセントになっています。

写真
ストーリー

最高のヴィンテージワインを造ることを夢見る農夫ソブラン(ジェレミー・レニエ)は、ある真夏の夜、天使のザス(ギャスパー・ウリエル)に出会う。さまざまなことを語り合った彼らは再会を誓い合い、1年後にその約束を果たす。

 また、ワイン造りを人生そのものに重ねたストーリーと、ブルゴーニュ地方の豊かで壮大な自然をとらえた美しい映像、延々と続く葡萄畑はこの映画のもうひとつの主役といっても過言ではありません。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語(PG-12)

  • 監督ニキ・カーロ
  • 脚本ニキ・カーロ/ジョーン・シェッケル
  • 原作エリザベス・ノックス
  • 出演ジェレミー・レニエ/ギャスパー・ウリエル/ヴェラ・ファーミガ/ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
  • 公開11/20(土)~名演小劇場にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。