お友達映画一覧
お友達映画

きな子~見習い警察犬の物語~

映画館
きな子~見習い警察犬の物語~
おすすめお友達映画
写真

とぼけた顔がたまりません。
見習い警察犬きな子に釘付け。

 警察犬試験に何度も挑戦しながらも失敗続き。それでもめげずに挑戦を続ける見習い警察犬きな子と、その訓練士を目指す18歳の女性・杏子の奮闘を描いた物語。ベタな展開ではあるけれど、不器用な犬と未熟な人間が、信頼の絆で強く結ばれる様は爽やかな感動を呼びます。
 挫折を味わい、決して優等生ではない1人と一匹が警察犬試験を目指す姿になんど涙したことか。そう、まさかの号泣映画でした。

 きな子は実在する犬で、今も香川県で警察犬試験に挑戦中ですから、監督は結末をどうするかがこの映画の一番のキモになったという。そして、怪獣(ガメラ)との共演はあっても犬との共演ははじめての夏帆さん。犬好きだけど飼ったことがないので、お芝居よりもまずはきな子に近づき片時も離れず、ずっと一緒にいて絆を深めることからはじめたそうです。その努力はスクリーンからしっかり伝わり、きな子と杏子がガッツリ信頼し合っているのがよくわかります。

写真
ストーリー

警察犬訓練士を目指す18歳の望月杏子(夏帆)は、訓練所でラブラドール・リトリバーの子犬「きな子」と出会う。身体が弱く警察犬になれないと言われたきな子を警察犬にしたいと、杏子ときな子の奮闘の日々が始まるが、試験に何度も失敗するうちに、杏子は次第に失望していく。

 犬との共演の難しさは、普通は、監督の「ヨーイ、スタート」で芝居をするけど、本作はきな子が動いてから演じるのでなかなか自分のペースが掴めなかったそう。
 今回も取材の写真撮影で、きな子が登場するとやはり彼女中心にスタッフが動く。これが何時間も何日も続くとなると大変だろう。まぁ、当の本人(犬)きな子は、とても緊張していたのかキョロキョロしてあくびばかり。有名なドッグトレーナーの宮さんに指導を受けながらの撮影でした。

 杏子ときな子が修行する訓練所の所長を演じるのは寺脇康文。何度かお会いしてますが、いつもハイテンションで彼のいるところ笑いが絶えません。今回の撮影でも寺脇アニキのオカゲか、特に食事シーンは、ほんとうの家族のように馴染みすぎだっつーの(笑)。その子供役の面白兄妹のやりとりなど、個性的な脇役の配置がこの物語に奥行きをもたせているのだと思います。
 きな子のドジな仕草ととぼけた顔に癒されてね。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ きな子~見習い警察犬の物語~

  • 監督小林義則
  • 出演夏帆/寺脇康文/戸田菜穂/山本裕典/遠藤憲一/浅田美代子
  • 公開8月14日(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。