デート映画一覧
デート映画

さんかく

映画館
さんかく
おすすめデート映画
写真

右往左往する男女の恋愛模様
奇妙な“さんかく”ラブコメ

 豪華キャストによる「こんな彼なら捨てちゃえば?」という映画が昨年上映されましたが、本作の主人公のダメ男、百瀬の彼女に言いたい、「こんな彼なら捨てちゃえば?」

 カスタムカーに自分の顔が書いてある自意識過剰の百瀬30歳は美容部員の恋人佳代29歳と同棲中。一緒に暮らして2年が過ぎ、かなり倦怠期の様子。そんな二人の元に中学3年生の佳代の妹が夏休みを利用して泊まりに来た。桃がいることで何やら落ち着かない百瀬。下着同然の部屋着姿でうろうろしたり、百瀬の耳元でかわいくささやいたり、15歳とは思えない桃の奔放な振る舞いにドギマギしっぱなし。初恋のように気分が盛り上がり、さらに相思相愛だと思い込み、佳代に内緒で中学生相手に真剣に猛アタックをはじめます。

写真
ストーリー

自意識過剰のダメ男・百瀬(高岡蒼甫)は、恋人の佳代(田畑智子)と同棲中。二人の関係は、ラブラブには程遠く、かなり倦怠気味。 そんな二人の元にある日、夏休みを利用して佳代の妹で女子中学生の桃(小野恵令奈)がやってくる。

 本作の面白さはタイトル通り三角関係(さんかく)の絶妙なバランス。 特に百瀬がダメンズ過ぎて笑えてきちゃうのよね。そのダメぶりは生活にもでていて、稼いだお金は趣味の車につぎ込み生活費はほとんど佳代任せ。 会社でも後輩から鬱陶しがられているのに当の本人は気がつかない鈍感な奴。彼女との関係は“ラクだから”。こういう人って身近にいますよね-。
 また、百瀬にふられた佳代は彼への思いが断ちきれず、愛情を間違った方向にどんどんエスカレートさせていく姿はイタイタしく思いつつも、過去の自分に重ね合わせていました(トホホ)。
 そして、天然ぶりを炸裂させて図らずも百瀬を誘惑してしまう桃を演じるのは、今や国民的アイドルとなったAKB48の小野恵令奈。初のヒロイン役ながら、堂々の天然小悪魔ぶりが圧巻! カップルで見にいくと彼が恵令奈ちゃんに恋しちゃうかもなー。見終わってからケンカしないでね。

 そうそう、百瀬と佳代の“キス”のシーンは注目デス。女は愛のない義理チューはわかっちゃいますからね。男子諸君はぜひみて、日頃の態度を改めていただきたいです(笑)(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ さんかく

  • 監督吉田恵輔
  • 脚本吉田恵輔
  • 出演高岡蒼甫/田畑智子/小野恵令奈
  • 公開7/10(土)~伏見ミリオン座にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。