お友達映画一覧
お友達映画

オーケストラ!

映画館
オーケストラ!
おすすめお友達映画
写真

笑って泣いてラストは拍手喝采
寄せ集め楽団の奇跡の物語

 大ヒット中の「のだめカンタービレ」でクラシック音楽が身近になった昨今、ぜひオススメしたい一本がこれ。落ちぶれた元ロシアの有名楽団員の30年ぶりのリベンジ物語は、笑いと感動に満ちあふれています。

 ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働いているアンドレイは、かつて楽団の天才指揮者。30年前のある事件が原因でキャリアの絶頂期に職を追われ、ひらすら負け組人生を歩み続けた彼に一発逆転のチャンスが訪れます。ある日、パリのシャトレ劇場から出演できなくなったオーケストラの代わりを探しているというFAXを見つけるのです。アンドレイはそこでとんでもないアイディアをひらめきます。それはかつての仲間たちを集めてニセの楽団を結成し、みんなの夢だったパリ公演を実現させようという無謀な計画。

写真
ストーリー

かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレイ(アレクセイ・グシュコブ)は、今は冴えない劇場清掃員。ある日、オーケストラを探しているというFAXを目にした彼は、かつての仲間達を集めてニセの楽団を結成しパリ公演を実現するという無謀な計画を思いつくが・・・

 真面目なクラシックドラマと思いきや、前半はアンドレイが人集めに奮闘したり、有名楽団になりすましてパリのシャトレ劇場と交渉したりとドタバタコメディー風、中盤からは30年前の事件の真相となるブレジネフ時代の社会派人間ドラマが差し込まれます。アンドレイがなぜフランスの売れっ子女性バイオリニストと共演したがるのか。歴史の悲劇であるその理由が、クライマックスの演奏会と共に語られる場面がすばらしく感動的なのですが、これがまた時にシリアスに時にコミカルに描かれていく。ラストの寄せ集めオーケストラによる演奏は、普通にメンバーが集まり、キレイな終わりじゃない。メンバーが集まるときや演奏中にしっかりと注目し、その可笑しな様子を味わい、大いに笑っても欲しいの。だからラストは泣いて笑って大忙しなのだ(笑)。

 感動の演奏会は実際パリのシャトレ劇場で撮影されているそうですよ。パリとロシアの風俗や文化の違い、色合いなどの対比も楽しめるし、監督が経験したロシア人のおかしなフランス語は喜劇的効果バツグン。

 心が折れてしまうと立ち上がるのは難しい。でも本作の登場人物はそれをやろうとします。全員が人生の究極のハーモニーを見つけるための音楽の旅は、いくつになっても勇気と情熱さえあれば、人生をやり直すことを証明してくれます。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ オーケストラ!

  • 監督ラデュ・ミヘイレアニュ
  • 脚本ラデュ・ミヘイレアニュ
  • 出演アレクセイ・グシュコブ/メラニー・ロラン/フランソワ・ベルレアン
  • 公開5/29(土)~名演小劇場にて
    ※音楽関係者限定の特別割引あり。詳しくはコチラ
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。